SMチェックシート。

S・Mと言っても、本当に奥が深く、性のプロである僕でも、正直言葉では説明できないほど細かく分かれています。

 

「私ってドMでさ〜、、」「俺、Sなんだよね。」

とは言っても、その中で自分がどのタイプかがわかっていない人も多いようです。

 

しかし、大まかに自分の性質を知ることはできるかも☆

 

それが、、

 

[ Sのgive / Sのwant ]

[ Mのgive / Mのwant ]

 

これはどういうことかというと、

give = する / want = される 

自分がされる側か、する側か、ということなのですが、

 

[Sのgive] = せめる、してやる → 例) 舐めてあげる。舐める。 

[Sのwant] = させる → 例) 舐めさせる。

 

[Mのgive] = させられる → 例) 舐めさせられる。

[Mのwant] = される、せめられる → 例) 舐められる。

 

という感じです。これだけでも複雑ですよね。笑

同じような字の並びなので、しっかり読んでシミュレーションみて下さい☆

 

ということは、同じ行動をしていても、考え方によってSにもMにも当てはまるということです。

実例を出してみましょう。

【クンニの際】 

・女性目線:

[Sのwant]→「早く舐めなさいよ!」「もっと気持ち良くしなさい!」

[Mのwant]→「いやん、、舐められちゃってるわ、、♡」「こんなに濡れてごめんなさい、、。」

・男性目線:

[Sのgive]→「おらおら!気持ちいいか?!」「こんなに濡らして、悪い子だぜ!」

[Mのgive]→「貴女のあそこを舐めさせて頂きありがとうございます、、。」「おマ◯コが大好きで申し訳ありません、、。」

 

セリフの言い回しは、わかりやすく漫画っぽくしています。笑

上記のように、同じクンニでも頭の中がどうなっているかでSかMかは変わるんですね。

フェラや本番やその他の時なども同様です(日常生活でもあるかも)。

 

なので、自分がSやMだと思っていても、じゃあどのSやMに当てはまるのか。

こちらの表でチェックしてみましょう!

入門編ではありますが、S・Mの性質を大まかに4つに分けたシートを作ってみました!

Processed with MOLDIV

もちろん、一つじゃなくてもいいですよ。3つや、4つ全部の人もいるでしょう。

さて、自分の性質がわかりましたか?

女性は [Mのwant] の方も多いとは思いますが、その場合男性は [Sのgive] の人が合致する、ということですね。

複数持っている場合、ベッドの上で今お互いどちらがどのような立ち位置なのかを知ることが、気持ち良さへのポイントかもしれません。

女風のサービスをご利用くださる女性も [Mのwant] の方は多いとは多いますが、もちろん私も[Sのgive] 持っています♡

 

もう少し詳しく書きたいところですが、長くなってしまったのでまた後日。笑

 

僕はどれやろ、、

[Sのgive] 冷静に貴女を見下ろしながら意地悪に攻め続ける。、、い、いいねぇ。

[Sのwant] 女性に舐めさせる。、、嫌いじゃないです、、。

[Mのgive] 頭を押さえつけられ、無理やりおマ◯コ舐めさせられる。、、いいですねぇ、、。

[Mのwant ] 女性から意地悪に攻められる。、、ありがとうざいます、、。

 

4つ全部でした。笑

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE