辞め方

 

私、黛 晶は

3ヵ月後の9月30日を最終出勤日として

TaCITを退店する運びとなりました

 

このようなご報告を

3ヶ月も前に発表したことについて

僕が思ってることを少し、、

 

長くなってしまいますが

お付き合い頂けると幸いです

 

辞め方は

その仕事に対してどう向き合ってきたか

それが出ると思っています

 

過去と現在

色々と思い当たる節があるからです

 

学生時代に

決められた仕事をただこなしていくような

配膳のアルバイトをしていた時代があります

 

当時そのアルバイト自体が2つ目で

特に思いやりもなかった結果

 

電話口にて

それっぽい言い訳をつけて

辞めた記憶があります

 

別に辛いわけでもなかったし

給料も1つ目のアルバイトより全然高かっ

 

ただただ

つまらなかったんでしょうね

 

真摯に向き合ってきたなら尚更

ちゃんと筋を通したいと思うのが

普通だと思っています

 

それ以降

就職してからは

人との繋がりの大切さも学ばせて頂き

 

退職の際は上司や同僚

何よりお世話になったお客様へのご挨拶など

その縁が切れないように

形にも気をつけるようになりました

 

そういう経験もあり

辞める時

どのように締めくくるかで

その仕事と如何に向き合ってきたかが

出ると思っています

 

そんな中

この業界で気になってしまうのは

 

【 急に居なくなってしまう方 】

【 数日前に退店する旨を報告される方 】

 

もちろん各々事情があり

のっぴきならない理由で

しょうがない方も居るのは分かっています

 

そして【 風俗業界 】だから

しょうがないと言われれば

それまでかもしれません

 

でもこの仕事をして思ったのは

男性向け風俗よりも

圧倒的に心の繋がりが重要な中で

急に居なくなったりするのは

不義理が過ぎると思うんです

 

相手の事も考えられていないし

結局はお金の繋がりか

と思われてしまうのもしょうがない

 

普通

相手の事や

お世話になった方の事を考えると

そうは出来ないと思います

 

「 身も心も癒します 」

というのはセラピストの常套句

殆どの方が

このセリフを使ったことがあるのでは

 

終わり方次第では

癒やした心も

傷ついて終わる事もあるのでは

と思ってしまいます

 

偉そうかもしれませんが

女性側にも心の準備期間が

必要なのかなと思います

 

あと良く思うのは

一般社会に置いて

退職の報告は一カ月前が普通です

 

でもそれは会社という括りの中であって

その一カ月前というのは

平日5日×4週があって

20日間顔を合わせる猶予があるわけです

 

その間に引継ぎをしたり

先方とのご挨拶も済ませます

 

でもこの業界において

1カ月前だと

ペースは人それぞれですが

月に一回ペースの方だと

一回しか会えないですよね

 

それどころか

家庭や仕事があって

加えて体調の都合もある中で

そんな急に言われて

どうしても日程が合わず

会えずに終わってしまうのは

悲し過ぎますよね

 

そんな理由から

僕は3ヵ月前にご報告する手段を取りました

 

ありがたい事に

月ごとに段々と忙しくさせて頂く中で

目先の売上を考えると

 

引き続き精進していきつつ

一ヵ月前に報告し

そこに集中させるのが良いのかもしれません

 

でもそれよりも

優先させたい物が僕にはあったので

今回の行動に至りました

 

あくまでこれは

僕の意見

 

偉そうに言ってしまいましたが

 

これは僕の考えであり

このお仕事に向き合ってきた答えです

 

今回の決断・行動に対して

承諾してくれたお店にも

改めて感謝を伝えたいと思います

 

こんな真面目な内容になってしまいましたが

あと3ヵ月あるんです

変わらずのらりくらりとやっていくので

お相手して頂ければ嬉しいです♪

 

なんかこういう発表したら

忙しくなる!と思われがちですが

まだまだ暇してます(小声)

来月なんてもぅ、、。(もっと小声)

 

3ヵ月の猶予がある分

分散して日程調整なども無理を強いる事もないだろう!

というのもは余裕をもってお伝えした

一つの要因ですね♪

 

なので

まだまだお誘いお待ちしております♪

 

引き続き

黛 晶を宜しくお願い致します

 

黛 晶

 

       Twitter ≫

≪ Profile   Gmail ≫

≪ Diary list      .