SMのすゝめ vol.2

 

SMについて、、、

 

なぜ求めるのか?

どのようにすれば叶うのか?

という事を僕の言葉で伝えました

 

 

それでもやはりハードルが高いSMプレイ

 

それはやはり

『 怖そう 』

というイメージが付き纏い

他にも

『 痛そう 』

『 苦しそう 』

『 恥ずかしそう 』

というイメージが

大きく関わっているかもしれません

 

確かにSMとしての情報源は

AVやR-18の映画なんかが多いと思います

でもそれを見てしまうと

 

少しだけ

言葉責めされてみたい

甘噛みされてみたい

叩かれてみたい

 

という

まだまだソフトな願望の方からすれば

ハードルはだいぶ高くなってしまうでしょう

 

SMといっても沢山の種類があり

貴女の思うような

『 優しく虐められる 』というのも

ソフトSMと十分呼べると思います

 

もちろん

強く叩いたり噛んだり

縄で縛って拘束したり

首を絞めたり脳イキさせたり

玩具で延々と責める快樂責め

というハードなものもありますが

 

貴女に合った

一番快樂に堕ちれるプレイで楽しむのが一番

 

SMプレイは

『 怖い 』ものじゃありませんよ

『 楽しく淫れる 』ものです♪

 

『 痛い 』

『 苦しい 』

『 恥ずかしい 』

どれかはあります

 

噛まれてみたいという痛みの願望

首を絞められる苦しみや

言葉責めで味わう恥辱

 

そのどれかの感情に魅かれて

貴女も興味を持っている筈

その気持ち良くなれるどれかを探しつつ 

強弱・頻度なんかも調整して

 

貴女が

『 楽しく淫れる 』事を

一緒にしましょう

 

貴女の新たな楽しみの発見

 

そのお手伝いを出来れば

とても光栄に思います

 

黛 晶

 

Twitter / Gmail / Profile

 

back to the diary list