Diary

写メ日記一覧

 

ゲッコーカン

 

 

満月の周りに

 

朧に丸く

 

虹が掛かっている

 

そのあちらかこちらか

 

さざ波のような雲は

 

風に川のように流されている

 

 

あれ

 

こんな美しい風景ってあったっけ

 

満月の周りに虹が掛かるなんて

 

今までの記憶にあったっけ

 

 

もしかしたらこれは

 

僕のコンタクトの内側に写った

 

幻想かもしれないと

 

疑うほどだったから

 

通り過ぎる人に一応は尋ねた

 

 

 

あれって虹掛かってますよね

 

ああ多分

 

 

 

ということで多分そう

 

その人にも美しすぎて確信がない

 

多分これほどの風景には

 

誰にとっても確信がなく

 

あやふやで だからこそ

 

いつまでも忘れられない

 

 

 

月の満ち欠けの影響を

 

しっかり受ける僕なので

 

今夜は12時から北に向け

 

ハーフマラソンを走っていて

 

月の異変に気がついたのは帰り道

 

流しで走る見知らぬ坂道

 

 

グーグー虚無感って日記を書いて眠ろう

 

なんて思いつつ流しながら

 

ふと上を向くと空を覆っていた鱗雲が

 

少ばかり薄くなっていて

 

そんなうつろなキャンバスの上に

 

くだんの月と虹が現れていました

 

 

 

そのことを日記に書いて眠ろうと

 

その時に決めました

 

今はもう夢を見ています

 

 

 

 

 


 

結果と予定の共有

 

 

こんにちは

 

彼岸花の季節とのこと

 

まずは検査結果の共有から

 

 

全項目陰性でした

 

皆さんの危機管理のおかげです

 

ありがとう

 

 

結果報告で終わるのも味気ないので

 

9月後半の予定と

 

最近

 

生活に取り入れていることの2つ

 

共有しますね

 

まずはなぜか後者から

 

 

小さな缶に緑茶の茶葉を入れて持ち歩き

 

食事の前後やお腹が空いた時とか

 

あとはちょっと目を覚ましたい時に

 

ぼりぼりそのまま食べたり

 

呑み込んだりしています

 

 

食物繊維は腸内細菌のご飯ですし

 

腸の蠕動(うねうね)を促進したり

 

糖や脂の吸収を穏やかにしてくれます

 

あとカフェインはゆるゆると効きます

 

でもたまにカテキンでお腹が痛くなる

 

 

ちなみに糖や脂について

 

なぜ吸収が穏やかになると思いますか

 

実はこれ

 

水を吸って膨れた茶葉が

 

腸の表面・消化吸収面に

 

張り付いたり接したりするので

 

単に他の栄養の吸収に割かれる

 

腸内の表面積が小さくなるから

 

ってだけの事が大きい理由です

 

なので逆に言うとミネラルとか

 

微小栄養素の吸収は阻害される

 

とかっていうお話にもなったり

 

仕組み自体はシンプルで素朴な

 

そんなエンジニアリングですね

 

 

ミネラルの吸収阻害については

 

茶葉のカテキンとの関係もあるけど

 

 

僕はこういう発想や仕組みが好きです

 

出来事としてシンプルで

 

工夫や遊びを入れる余白がある

 

毎日のまじめな消化吸収遊び 🙂

 

 

さて次は9月後半の予定です

 

レッツゴー

 

 

 

《 0922 0630 更新 》

 

09/25/土17:00〜20:00

 

09/26/日 受付終了

 

09/27/月 13:00〜20:00

 

09/28/火 17:30〜20:00

 

09/29/水 受付終了 下弦の月

 

09/30/木 12:00〜18:00

 

 

 

今日も穏やかな気分です

 

このまま何かしようと思います

 

 

ちなみに彼岸花の英名は

 

spider lily

 

蜘蛛百合です

 

 

 

 


 

クロノロジコ!

 

 

ちゃんと「9月の予定」って

 

タイトルにしないと

 

分からないからダメじゃないか

 

なんて言わずに

 

秋の初めのお便り申し上げます

 

少し遅れましたが

 

 

《0915/15:00更新》

 

みんなお疲れさま

 

 

今日は窓を開けて眠りますか

 

それとも冷房を29度くらい?

 

まだ

 

そういうことに悩む

 

狭間の季節ですね

 

秋と言うより

 

 

 

 


 

.6 ゆらす

 

 

たまに吐き出したくなるこれ

 

今夜そうしますね

 

 

 

 

今日は .6 ゆらす

 

ほかは、

 

.0 からだ

 

.1 であう

 

.2 かける

 

.3 ふれる

 

.4 ほぐす

 

.5 いれる

 

.7 わかる

 

くらいで

 

 

 

 

揺らす

 

揺れる

 

 

一つのイメージがある

 

揺れる一つの心の振り子

 

期待や愛着

 

または盲目を原動力に

 

右から左へ

 

左から右へ

 

同じ軌道を描き続ける

 

こともあれば

 

揺れそのものが揺らいで

 

また違う軌道を同じように揺れる

 

こともあるかもしれないし

 

時に

 

揺れの大きさに紐が切れ

 

振り子の球は投げ出され

 

何も無い宙空とか

 

全てある海の底で

 

微振動し続けていたりする

 

なんてイメージがある

 

 

その一方でただ肉体を揺らす

 

ぶっちゃけ頭を揺らすこともある

 

少し視界を揺らすとね

 

意識が揺らいで外れて落ちてって

 

いつもと違う意識状態になるからいいよ

 

あとは乳首を深いところから緩くつまみ

 

そこら一体の神経を

 

波のように揺らすこともあるかも

 

あとはそうだな胴体を鷲掴みして

 

お祈りのように骨から揺らす

 

動かすことで分かる位置付けとか

 

そういうものもあるから

 

貴方は今ここにいますよ

 

私もまたここにって

 

単純で肉感のあるメッセージを送るの

 

あとは勿論セクシャルに

 

お腹の下の奥の方を全部全部

 

長い指で揺らしたりするよ

 

自然の不思議で気持ちいいやつ

 

そこにたくさん集まってるから

 

深呼吸して味わってください

 

全部見てますから

 

 

それでそうやり大きく深く

 

揺れて揺らいで揺れ切って

 

心の振り子があるのなら今

 

一度ここで壊してください

 

 

一人の他者からの傲慢な願い

 

やめたほうがいいかな

 

危ないかもしれない

 

じゃあ

 

一緒にただ揺れるのもいいね

 

そうしようか

 

ただそうしようか

 

おやすみ

 

 

 

 

画像引用:

 

pixabay, 地図と振り子

 

 

 


 

二つの蜂蜜

 

 

 

二つの蜂蜜が並んでいる

 

純粋蜂蜜500gは500円

 

国産アカシヤ蜂蜜200gは1000円

 

 

ちなみに私はこういうこと

 

どういうことかというと例えば

 

この二つの蜂蜜がどのようにして

 

生まれて運ばれてきたのか

 

何となく知ってる

 

 

 

前者は中国のでっかい土地で

 

砂糖水の入ったでっかいバケツから

 

沢山の蜜蜂がせっせと巣に運んだのを

 

横から奪い取って機械に詰め込み

 

ドライヤーで急速に加熱乾燥して

 

とりあえず蜂蜜っていう体で売られてる

 

だから本当は蜂蜜じゃない

 

蜜蜂が運んだ砂糖水を乾かしただけ

 

 

後者は日本の臆病な蜜蜂が

 

多分本当にアカシヤから蜜を運び

 

彼らの唾液と混ざって発酵した蜜が

 

巣の貯蔵庫に溜め込まれたのちに

 

密集した働き蜂の体温でじっくりと

 

加熱乾燥というか煮詰められたもの

 

だから高い

 

過程というか時間が掛かってる

 

 

でもこの記事はそういう記事じゃない

 

蜂蜜のうんちくの記事じゃない

 

問題は

 

これらの知識があってもどうでもよく

 

どちらでもいいから選べないってこと

 

たまに紅茶に落としたり

 

料理の下味に使うだけだから

 

というより自分のために使うだけだから

 

本当にどちらでもよくて選べない

 

安い方を選べばいいのに

 

手も心も動かない

 

 

それで今日

 

スーパーでそんなことに困っていたら

 

あることが頭に浮かんだ

 

 

「 どうしてか多分 」

 

「 自分以外の誰かのためなら選べる 」

 

「 このアカシヤより高くても選べる 」

 

「 自分は利他的な人格者じゃない 」

 

「 でも何故か自分のためじゃなくて」

 

「 誰かのためなら 」

 

「 どうしてか選べそうだ 」

 

ということでまだ来ぬ友人のために

 

高い高いレンゲの蜂蜜を買った

 

 

意思決定の仕方がほんの少し

 

こんなふうに変わることを

 

以前より人間らしくなることを

 

大人になるというのなら

 

人よりも多分時間が掛かっているけれど

 

悪い気はしない

 

それと

 

本当の蜂蜜は

 

透き通る甘さの奥に

 

スパイスのような濁りがあって

 

とってもエロい

 

 

 

 

 


 

秋の気配は

 

 

どこへやら

 

 

今日の朝に目が覚めると

 

涼しい風が吹き込んでいて

 

それがもう

 

昨日までと違う匂いがしたので

 

もう秋が始まりつつあるのかあ

 

なんて思ったのですが

 

先ほどバインミーを食べに外に出ますと

 

普通に暑くて汗をかくし

 

というか日付的には夏の真ん中

 

普通に夏真っ盛りで

 

秋の気配なんてある訳ないじゃないかと

 

自分の朝の閃きを疑いました

 

 

ところで最近

 

不思議な習性を身につけまして

 

どうしてか6時半には自動で目が覚めます

 

ラッキーなことに睡眠の質も良く

 

水を一杯飲んだらそのまま

 

シューズをつっかけランニングします

 

北を走る川の傍には神社と教会あり

 

神社には古くからの神木が生え

 

教会は大きくて荘厳です

 

これといった信仰心の無い私も

 

何となくの有り難さに手を合わせます

 

 

さて

 

秋の便りを装いました

 

暑中見舞いは以上です

 

皆さんいかがお過ごしですか

 

お顔を見せてくださいね

 

 

 

 

 


 

感覚を遮断する

 

 

どうも遠軽です

 

感覚遮断してきました

 

文字通り感覚を遮断してきました

 

こんなところで

 

 

 

体温くらいに温い

 

色んなものが溶け込んだ

 

海水のような液体に浮かび

 

そして揺られながら120分間

 

密閉された無音の暗闇に

 

浸されていました

 

 

知ってはいたが遂に行った

 

どう説明すればいいだろう

 

広義のヨガとして惹かれていた

 

 

と言うと不思議でしょうが

 

「 自分で選んだ感覚に没入する 」

 

「 そして研ぎ澄まされ癒される 」

 

ってことをヨガと言うならこれもヨガで

 

まあそう言うとあらゆるマッサージも

 

それこそ女風だってお食事だって

 

芸術であれスポーツであれ

 

お風呂だってお散歩だって

 

あなたが本当にその刺激や情報

 

体の感覚や心の動きを

 

主体的に自発的に選び取り

 

それとして感じ切っているのであれば

 

味わって癒されているのであれば

 

それはもうヨガだと思います

 

 

マインドフルネスとか

 

新しい呼称はどんどん生まれ

 

そして消えていくけれど

 

「 自分で選んだ感覚に没入する 」

 

「 そして研ぎ澄まされ癒される 」

 

なんていう事の本質はいつまでも

 

絶対に変わらないと思います

 

 

だから多分

 

僕と貴方の密室もそういう事

 

ですよね

 

また

 

お会いしましょうね

 

僕らの心と体が浴びる刺激を

 

二人で選ぶの好きなんですよ

 

 

 

ちなみに原始の海での120分間は

 

言葉では表現できないので秘密です

 

でも多分エクスタシーでした

 

それではまた明日

 

 

 

 

 

画像引用:

 

アイソレーションタンク、「こころ道」

 

(行ったのはも少しディープな違うとこ)

 

閉じた向こう、Pixabay

 

 

 

 

 


 

結果報告と徒然

 

 

こんばんは、遠軽です

 

今回の検査も全項目陰性でした

 

基礎代謝をフルスロットルにできればなと

 

生活の各所であれこれしたりしなかったり

 

あれこれしたほうがいいのかなと思ったり

 

あれこれせずに寝て起きた方がいいのかな

 

って思い直したり

 

自分の体調やパフォーマンスを

 

ある程度は支配したくて

 

割りかしぐるぐる試行錯誤しています

 

貴方のこと知りたいので今度

 

普段の生活に採り入れている工夫

 

教えてくださいね

 

おやすみ

 

 

 

15日迄の空き情報はこちら

 

 

 

 


 

砂と蛇

 

 

sand picture / 砂の絵

 

 

という玩具がある

 

何かと言われれば

 

水に浮かぶ色のついた砂の

 

落下に任せた偶然の配置に

 

心象風景を見てとるような

 

そんな遊びをするための物

 

 

 

 

見た目としてはこんな感じ

 

この風景は僕にとってなんだろう

 

私の何を写しているのだろう

 

何でもない偶然に

 

何かを見てしまう

 

そんな心理特性を使った

 

ちょっとした無垢な遊び

 

 

最近これを

 

夜に眠る前に繰り返している

 

どうしてか

 

さざなみのように小うるさい

 

些末な感情が消え去って心が

 

静かになっていくように感じるから

 

眠る前にちょうどいいでしょう

 

 

それで

 

こんなことを書きながら

 

蛇のことを思い出した

 

 

昔々の話だが

 

よく蛇を飼っていた

 

流行りのポールパイソンとかではなく

 

山を這っていたであろうナミヘビや

 

人に懐く気配のないアオダイショウを

 

動物好きの私のところへ持ってきてくれる

 

物好きな地主のおじさんがいたから

 

 

それでたまに部屋に蛇がいて

 

機嫌のいい時には触らせてくれた

 

その手触りを思い出す

 

ひんやりとした無機質に安心する

 

期待されることも裏切られることも

 

ありえないような一貫したフォルム

 

 

多分これは美しいってことだなと

 

幼心に納得した

 

今では分かるが彼らに感情はあり得ない

 

そのための脳みそからして無い

 

母蛇は産卵後に長距離移動することを

 

本能として組み込まれているが

 

それは子蛇を子として認識できずに

 

食べてしまうことを防ぐための習性

 

つまり彼ら蛇には

 

母子の情愛という原始的な感情さえも

 

インストールされていない

 

 

あり得ない程の安定

 

背骨だけが描く曲線

 

無機質かつ硬質な美

 

なのに滑らかな動き

 

食べたい残したいという

 

奥底の本能だけの生き物

 

 

ひんやりと僕の両手を滑っていく

 

 

 

夜の部屋で一人

 

砂の絵を眺めがら

 

その感触を思い出した

 

 

 

 

画像引用:

 

pixabay,  蛇の皮

 

しれっと日記を再開した僕の

 

15日迄の空き情報はこちら

 

 

 

 

 

 


 

更新&15日迄の予定

 

 

今日は今晩は

 

8月15日までの出勤予定をお知らせします

 

お盆ってどうでしょう

 

みなさんどんな気分ですか

 

 

【8月10日2100更新済】

 

11日:受付終了

 

12日:1730-2000

 

13/14/15日:1200-2200

 

 

この記事は随時更新しますので

 

心が傾いた時は覗いてください

 

好きな季節は秋と冬なのですが

 

海まで行くと夏もよいです  🙂

 

 

 

画像引用:

 

pixabay, 真夏の入道雲

 

 

 

 

 


 

たまに泣くこと

 

 

ドクンドクドクン・ドバドバドバドバ

 

 

自分のことや不意の出来事で

 

泣いたりは余りしないのですが

 

むしろ理由なく唐突に泣くことがあります

 

理由は特にほんとにありません

 

額の手前の前頭葉くらいに

 

沢山のドーパミンが流れ込んでいて

 

それが涙となって押し出されている

 

排出されているのだと思います

 

涙の成分を解析した結果を

 

昔どこでだったか見たことがありますが

 

あれって結構いろんなホルモンが

 

必要もあって含まれていて

 

だから涙を出すって多分

 

それなりの必要ある排出行為なんでしょう

 

でも自分の涙はその必要性が分からない

 

何らかのキッカケで集中が深まり過ぎて

 

溢れ出たドーパミン/私の快楽物質が

 

目の輪郭からこぼれ落ちる

 

ってだけな気がするすごーい

 

って言いながら暫く泣いて涙を流す

 

ぺろりと舐めるとしょっぱい

 

なんで塩分入ってんの?

 

ナトリウム余ってんの?

 

コルチゾールがこんな味なの?

 

あやっぱり落ち着くね

 

私の泣くことの必要性は

 

まだ全然分からないけど

 

あなたが私の前で泣く時は

 

長い時間を愛撫で過ごして

 

ねえどうしてどうしたのって

 

優しく聞くから応えてね

 

いやほんと

 

人に優しくって難しいから

 

そんな具体的な場面でね

 

具体的で些細な

 

そんな行いを積み重ねるの

 

ほんとは優しいだけじゃないから

 

 

 

画像引用:

 

クロード・モネ、睡蓮の池

 

 

 

 


 

.5 いれる

 

 

 

唐突に再開する

 

いいよね

 

ほんとの気持ちで書いてるから

 

気分でもいいよね

 

 

 

 

今日は .5 いれる

 

ほかは、

 

.0 からだ

 

.1 であう

 

.2 かける

 

.3 ふれる

 

.4 ほぐす

 

.6 ゆらす

 

.7 わかる

 

くらいで

 

 

▱▱▱

 

 

いれる

 

挿れる

 

容れる

 

 

言葉を挿れていく

 

沈黙や無意識

 

あなたの心の隙間と割れ目

 

熱いものが噴き出してきそうなところに

 

冷たい言葉を投げ挿れる

 

 

すると心がパチンと弾けて

 

隠してきたものが飛び出ることもある

 

そしたらむんずと掴んで口に運ぶ

 

ねえこれを食べたかったんでしょって

 

 

実際

 

これって今何言ってんの?

 

でも確かにこんな心象風景でさ

 

あなたと会話してるのもほんと

 

僕はよく目を見るでしょ

 

何考えてるのってよく聞くけど

 

これを考えて想ってるの

 

 

心の熱い裂け目に冷たい言葉を投げ込んで

 

何かが弾けて出てこないかなって

 

想いながら次には挿れるの指を

 

全然違う文脈で鍛えてきた長い中指

 

人間の一番柔らかくて

 

優しいところに挿れるの

 

ありがとう

 

申し訳ないくらいに温かい海みたい

 

波のように呑み込まれそう

 

ねえこのうねりって意識的なの?

 

聞きたいんだけど多分違うね本能だろう

 

熱い内臓は下に落ちてきていて

 

僕の指先をノックしている

 

これもとても本能

 

そして気持ちがいい

 

 

こんなことやってると容れることになる

 

互いに互いを容れることになる

 

互いを互いに容れることになる

 

多分一番深いややこしい絡み合い

 

でもやっぱ気持ちいい

 

だからやめらんない

 

これもいいよね

 

 

 

 

画像引用:

 

エゴン・シーレ、頭を下げて跪いて

 

 

 

 


 

したいされたい?

 

 

目の前の人が何を欲しているのかを

 

知ろうと思った時に

 

表情や仕草

 

あとさっきまでに話していたこととか

 

そんなことを頼りにすることが多いし

 

そもそも流れに乗れている時には

 

あなたの欲求が

 

そのまま私の動作になっているから

 

言葉で直接

 

聞くことは少ないのですが

 

それでもやっぱり

 

「何をしたい?」「何をされたい?」

 

って

 

聞くことがあります

 

それで

 

不思議なことに

 

したいされたいの

 

どちらで聞くかによって

 

聞かれた人の表情や雰囲気が

 

ちょっと変わり始めたりします

 

 

「何をしたい?」

 

と聞かれたあなたは

 

私の方を喰い入るように見つめて

 

私の体を掴んだり噛んだりして

 

捕食者のように振る舞い始めます

 

 

「何をされたい?」

 

と聞かれたあなたは

 

私の首に首を絡ませ

 

濡れた声で掴んで噛んでとお願いするので

 

私はその通りあなたを捕食し始めます

 

 

コミュニケーションって凄いなって

 

この年になって思う次第です

 

ちょっとした言葉の挿入の妙で

 

関係性が変化し始めるから

 

 

まあもちろん

 

お互いに出るものが出るだけなのかも

 

しれませんが

 

 


 

つゆあけ

 

梅雨

 

明けましたね

 

雲がめちゃくちゃ伸びやかで

 

綺麗な清潔に感じます

 

写真に収めようとしたのですが

 

上手く撮れなかった

 

というか

 

撮ろうとすると写真って

 

そういう仕組みなのか

 

雲が遠くに離れてしまって

 

あの立ち登る入道雲みたいな

 

圧倒感というか臨場感が出ません

 

なのでサムネはただの白です

 

もし綺麗に撮れたら教えてください

 

 

それではまたまたごきげんよう

 

夏も本番ですのでお気をつけて

 

代謝に。笑

 

 

注:私は日常化学と代謝学オタです

 

 

 


 

加虐について

 

 

以前

 

「被虐と加虐」という日記を書いた

 

それから幾つかの体験を経て特に

 

加虐することについて再整理したくなった

 

のでそんな日記を書きます

 

 

 

 

まず押さえつけたくなる

 

道具はあまり使わないと思う

 

何故なら「押さえつけている」

 

という感覚や実感を得たいからで

 

押さえつけたくなるのは多分

 

私が「押さえつけたい」と欲するから

 

と言う一面もあるけれど

 

多分あなたの「押さえつけられたい」

 

と言う欲求も加担している

 

と言うより

 

「押さえつけられたい」

 

「押さえつけたい」

 

という番の欲求がワルツを踊っていて

 

純粋な欲求のループが私たちを巡っている

 

そんなことが

 

「押さえつける」の他にも

 

「噛みつく」

 

「叩く」

 

とか

 

時には

 

「締める」

 

についても起こったりする

 

 

驚いたのは

 

そういった欲求のループの一つ一つに

 

自分が何の抵抗もなく参加できること

 

と言うより

 

気がついたら流れるように参加していて

 

当たり前のように楽しんでいること

 

 

私はサディストではない

 

でも

 

求められる加虐を自然に行うことができる

 

どうだろう多分

 

狩猟の経験とか

 

家が動物だらけで戯れあっていたこととか

 

そういう

 

過去の日常が影響しているのかもしれない

 

それ程に

 

無駄な自意識なく加虐している

 

そんな自分に気がついていて

 

そんなこともまた愉しく感じている

 

 

 

 

でも一方で

 

押さえつけられても

 

噛みつかれても

 

叩かれても

 

たとえ締められても

 

それらもまた自然に感じられる

 

ような気がするし

 

また

 

加虐や被虐の前後に

 

触れ合ったり

 

撫で合ったり

 

聴き合ったり

 

頷き合ったりすることもまた

 

当たり前の自然のように感じる

 

 

つまり多分

 

私が密室に求めるのは混沌

 

なのかもしれない

 

だなんて思われました

 

 

おわり

 

 

注:大体はふわふわいちゃいちゃしてます

 

 

 

 

 

 

 

 


 

声の日記と眠り

 

ここでの文章とは別に

 

たまに声の日記をつけています

 

と言ってもまだ3回くらいか

 

殆どは主に皆さんに

 

おやすみなさいと言うために

 

夜に気ままに撮った音声を

 

そのまま夜に流しています

 

学生時代に添い寝屋さんをしていたためか

 

人の眠りや眠りの悩みについて

 

それなりに敏感な感性を持っているので

 

何となく分かるんですが

 

眠れない、って

 

独特な苦しみですよね

 

深いところで性や食の悩みや問題とリンク

 

してるのかもしれませんが

 

とにかく眠れない

 

または

 

眠ることや癒やされることを許せない

 

そんなことを自分に許すことができない

 

という独特の罪悪感(罪責感?)

 

あれって何でしょうね

 

僕はそれなりに

 

ころっと眠れてしまう方なのですが

 

そういう罪責感自体は分かります

 

もう

 

休むことを許していいのか?

 

癒やされていいのか?

 

眠りに落ちていいのか?

 

あとそんな疑問とは関係なく浮かんでくる

 

空想や想像の連綿とした爆発

 

とか

 

たまにあるので分からなくないです

 

なのでここ、TaCITという空間では

 

・貴方は癒やされていいと分からせること

 

・オーガズムで悩みを洗い流すこと

 

・それで深く眠らせてあげること

 

に拘りを持ってしまっていたりします

 

もちろん僕の拘りなんて手放した自由な

 

そういうただふわふわした時間も好きです

 

でもなんか

 

僕を選んでくれる人って

 

繊細な感性を持っていたり

 

豊かな想像力を持っていたりで

 

基本的に眠りにつくことが難しい

 

そんな種族な人たちが多い気がして

 

やっぱり私は一人の male として

 

労ったり撫でたり聴き取ったりして

 

深く眠らせてあげたくなるんですよね

 

泥のように、深く、深く

 

 

 

 

ごめんなさい

 

ボクシングの帰りガス欠状態で書いたので

 

わけわかめかもしれませんこんぶ

 

おやすみなさい

 

[ 声の日記のtwitter ]

 

今夜なんか撮ろ

 

 

 

 


 

検査結果報告と

 

 

検査結果の報告に合わせまして

 

色々と勝手に報告共有致します

 

まず検査結果

 

全項目陰性でした

 

そして私の平熱は

 

基本37度です

 

 

続きまして、

 

平熱を高く保つ秘訣を勝手に共有します

 

 

.1 筋肉の比率を増やす

 

筋肉は有力(かつ唯一?)の熱生産機構です

 

 

.2 太陽のリズムに合わせた生活をする

 

遺伝的に夜型でない限り有効かと思われます

 

体温が上がるべき時に上がり

 

下がるべき時に下がるようになり

 

寝付きも寝起きもスムーズになります

 

 

.3 空腹をうまく作りながらよく食べる

 

バランスのいい食事の前提として

 

消化器官の調子を整えることが必要です

 

一番良いのは多分

 

食物繊維や腸内善玉菌を摂取する以前に

 

ちゃんと「空腹を作ること」

 

かつできれば「空腹を味わうこと」

 

だと思っています

 

個人的には

 

..1 空腹を作って味わう

..2 バランスよく美味しく食べる

..3 食物繊維を摂る

..4 自分に合った善玉菌を摂取する

 

くらいの順番で

 

殆ど2番目までしか気に掛けません

 

断食とまでは言わなくとも

 

「空腹を作って味わうこと」

 

結構おすすめです

 

体に何を入れたらどうなるのか

 

つまり自分の体質を

 

繊細に感じられるようになりますから

 

 

本日の報告と共有

 

終わり

 

 

▱▱▱

 

 

この日記の .2 の部分

 

太陽に合わせて早寝早起きしようぜってとこ

 

読んで少し寂しい気持ちになった人

 

いるんではないでしょうか

 

眠れない人や

 

眠りに悩みを抱えてる人

 

早寝早起きなんて分かりきったことを

 

改めて言われても寂しくなりますよね

 

自分も「いつでもどこでも深く眠れる人」

 

ではないので共感します

 

なので明日はどうしよう

 

眠りについて何か、書こうかな

 

それでも今夜はおやすみなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

エクセルシオール!

 

 

普段からの習性により

 

本日は初めてのエクセルシオールで

 

この夏初めてのアイスコーヒー

 

を飲みながらこんな感じでタイプしてます

 

そうこんな感じのこんな気分

 

さて

 

excelsior / エクセルシオールって

 

ラテン語で「前へ上へただ進め」って意味

 

らしいのですが.1

 

聴いた話が正しければ

 

exstacy / エクスタシーって

 

同じように「外側に立つ」って意味

 

らしいのですが.2

 

どちらも ex / 外側

 

今の自分の外側に

 

進んだり立ったりするってことなんですね

 

それってどうでしょう

 

女性当人にとって多分

 

ちょっと怖いんじゃないでしょうか

 

実際とても興味深いのですが

 

感じる力の強い女性が絶頂の手前で

 

「 怖い 」

 

「 何か出そう 」

 

「 怖い 」

 

と言って恐怖に立ち止まり

 

自分の内側のギリギリの線上で

 

最後に外側に一歩踏み出すことを躊躇う

 

そんな瞬間を何度も目にしてきました

 

もし

 

ex-stance / 自分の外側に立つことへの

 

強烈な目的意識があるのなら

 

その恐怖を抑制するお手伝いをしますし

 

それは目的でないのであれば

 

それまでの快感を淡く長く維持できるよう

 

落ち着いて切り替えたりしています

 

何にせよあなたの満足の形に合わせて

 

気持ちのいい時間を注ぎ込むことが

 

私の目的なので

 

そんな感じに合わせますし併せたい

 

でも

 

私のような人間にとっては

 

外側に立つっていうその快感

 

羨ましいんですよね

 

とても楽しそうだし

 

いい記憶になりそう

 

あーでも二人ベッドにうつ伏せで

 

あーだこーだイチャイチャするのも好きで

 

結局のところなんでしょう

 

いい時間になればそれでいいよね。笑

 

アイスコーヒーおいしい

 

しばらくカタカタ作業します

 

また会いましょう

 

読んでくれてありがとう

 

 

 

▱▱▱

 

 

あと自分

 

顔面に関する問い合わせが多いのですが

 

犬顔猫目で可愛い系とのこと

 

体はジャガーとチーターの間くらい

 

敏捷性が優先事項です

 

 

 


 

ego エゴ ego

 

 

お客様と別れた帰り道に

 

たまに怖くなる

 

相手をそれとして観ていただろうか

 

自分の思い込みをぶつけてはいなかったか

 

自分がしたいことをしていなかったか

 

つまり ego / エゴ の塊になってはいなかったか

 

って、怖くなる

 

 

あなたの声を聞いて

 

出す音の全てをそれとして聴いて

 

漏れ出す望みをそれとして受け取り

 

「 うん、それがしたい 」

 

「 うん、それをしてほしい 」

 

ということをそのまますればいいのに

 

どうしてかそんなことができなくなる

 

ことが怖い

 

 

しかし尻込みしていてはあなたの声も音も

 

何も聴き取れなくなるというパラドックス

 

頭をどこかしらバカにして流れと

 

あと勢いに身を委すことも肝要

 

ああつまりバランスが肝心

 

あなたの満足の形に私が合わさるためには

 

 

だなんて書きながら多分そのためにも

 

よく眠ることが必要だなあなんて現実解

 

脳みそのモードをニュートラルに設定するため

 

やはり今夜も泥のように眠ろうと思う

 

自分でもやはり驚くが

 

それはあなたの声をそのまま聴くため

 

本当にそれだけのために眠り夢を見る

 

 

いやうーん

 

だってこの国の男性って気を抜くと

 

自分の日本刀をこさえて振り回しちゃうから

 

ちゃんと柔らかな素手で君に触れられるように

 

定期チェックしなきゃね

 

ego / エゴ

 

 

ありがとうおやすみ

 

 

 


 

.4 ほぐす

 

 

今日は .4 ほぐす

 

ほかは、

 

.0 からだ

 

.1 であう

 

.2 かける

 

.3 ふれる

 

.5 いれる

 

.6 ゆらす

 

.7 わかる

 

くらいで

 

 

▱▱▱

 

 

ほぐす

 

解す

 

殆どは記憶

 

又の名を心、とか

 

僕の手の触れたところは力を抜いてもいいから

 

だなんて言いまして

 

あなたの意志に沿って力を抜いて頂きます

 

抑圧から自らを解放し

 

自分に快楽を許すには

 

それくらい婉曲なリードが必要なのかも

 

だなんて思っているので

 

柔らかに緩やかに聞いて籠絡します

 

自己防衛本能

 

理性、理智

 

批判的な思考力

 

これらの障壁を掻い潜り

 

あなたの柔らかいところにリーチする

 

そこ自体はもはやずるずるに濡れていて

 

解す必要もないからただ触れる

 

だから解すのはそうその一歩手前

 

あなたの習慣と日常

 

あなたの建前とイイワケ

 

あなたの表面上の強張り

 

柔らかに緩やかに聞いて籠絡する

 

奥に触れると既に常に濡れている

 

そこに触ると嬉しくて

 

固まった感情が溶けてくる

 

 

 

▱▱▱

 

 

 

画像引用:Gustav Klimt,  Danae