距離感。〜友達じゃない〜

距離感。〜友達じゃない〜

 

セラピストとお客様の間の「距離感」はとても大切で、僕もそれを意識しています。

もちろん距離がありすぎるのは ×!

ある意味深い関係になるので、体と体だけでなく、心と心を通わせるのことは必要です。

 

とは言え、「友達」ではありませんし「セフレ」でもありません。

 

「無料のセックスはいつでもできる、お金を払う意味をセラピストには考えて欲しい。」

というようなツイートを見かけたことがあります。

 

そう、  なぁなぁになってしまっては絶対にいけないのです。

 

会う回数が多くなると、趣味やフィーリングが合うと、セラピストによってはその距離感を間違ってしまい、踏み込みすぎてしまう人もいるかもしれません。

 

でも、無料じゃない意味を常に考える。

 

相手の求めていることを常に察し、提供する。

こちらの都合や気分や欲ではなく、女性にとって心地よい距離を保つ。

だからといってよそよそしくする訳ではありません。

その時間は僕にとっても特別です。

 

プライベートも仕事も家庭も全く関係ない、その時間だけ会う人間だからこそ、打ち明けられる部分、解放できることがある。 

友達じゃないからこそ、限れらた時間だからこそ逆に、長い付き合いの友達やセフレやパートナーよりも、濃い時間が過ごせるのではと思っています。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE