ご予約 予約方法

Diary
写メ日記

血液型を信じない

2021/06/04 遠軽流

あなたは何型ですか?

血のお話しです

僕は何型でしょう?

あなたにとって

▱▱▱

血液型を聞かれた時はいつも

「 血液型を聞かれている訳じゃないな 」

と思ってひとまず

「 何型だと思いますか? 」

と聞き返すようにしています

もし

「 A型でしょ 」

と言われたらそれを

「 バリアを捨てて、もっと近くにきて 」

って翻訳して

バリアを捨てて近寄ります

もし

「 B型でしょ 」

と言われたら

暫くあなたを見つめ返して

「 今、してほしいことある? 」

って静かに呟き

肩に手を置きます

もし

「 O型でしょ 」

と言われれば

声のトーンをシリアスにして

「 お前とやりたいことがあるんだ 」

と言って手を取り

したいことをします

それで

「 AB型でしょ 」

って言われたら

期待に応えて

そっちを向いた瞬間に

あなたの耳に噛み付きます

言葉の節々というか向こう側に

求めるものが見え隠れするので

私は血液型なんて信じてません

ひとまず

近寄り

手を置き

手を取り

耳を噛む

そっちの方が本当だし

楽しいですよね

聞く時は心して下さい

ちなみにサムネは

ほんとに僕の血の色です

▱▱▱

雨のカタカタ

遠軽流

雨ですね

見ている分には清潔で

季節の匂いを孕んでる

僕は喫茶店でカタカタしてます

あなたと会って

向き合ったり

隣あったり

重なり合ったりしている他は

多分ずっと

喫茶店でカタカタしてるか

ジムでボクシングとか

時にはヨガをヨガヨガしてます

正直ほとんどリズムで書いてるから

何言ってんだこいつって

なることあるよね

でもいいよね

キーボードは美しく叩きます

いつ頃からか人の体をそこに重ねて

一定のリズムやテンポで

タッチしていくようになりました

そちらの方が不思議なことに

コードもすんなり湧いてきて

そう僕はプログラマだから

いい作品ができたりします

最後にこれだけ聞きたいんだけど

多分意外と聴かれてないこと

最後にひとついいですか

どこにいますか

なにしてますか

同じ雨雲に蓋をされて

なにを感じていますか?

▱▱▱

リラックスはクライマックス

2021/06/02 遠軽流

リラックスはクライマックス?

はいそうです

リラックスはクライマックス

多分あなたの中では

▱▱▱

少しお話しさせてください

私は実は

添い寝屋さんにいました

研究室の先輩に

「 ユーならイケるよヤッちゃえよ! 」

なんていうノリで引き継がれた不思議な仕事

気がつけば学業や仕事の傍ら

数年は在籍していました

そこでたくさんの方

年齢や性別

抱えた歪みやしこりの種類は問わず

本当にたくさんの方の言葉を聴いて

背中をさすり頭を撫でて

必要ならばマッサージを施し

大きな手で包み込むようにして

眠りの中に引き込んでいきました

さて

今日お話ししたかったのは

そんな添い寝で遭遇した

女性性の力 ? についてです

結論から言っちゃうと

女性はリラックスでクライマックスできる

とてつもない集中力と想像力を持っている

なんていうことを話します

この気づきは私がTaCITに入りたいと思った

一つの理由でもあります

▱▱▱

一年くらい前

夜に寝るために呼ばれた私は

お客様の言葉を聴き尽くした後

( いえもうあなたにしましょう )

あなたの言葉を聴き尽くした後

あなたはぐったりしていたので

私は強めに二の腕を抱きこんで

もう一方の手で頭をずっと撫でていました

多分一時間くらい

ほんとにずっと

その間

毛髪を通じて頭皮へ

微弱な刺激があなたに伝わり続け

最初はくすぐったかったそれは

暫くすると心地良さ

そして快楽へと変わり

首筋には電気が走るような感覚が現れました

というより

あなたはそんな風にして身をよじり始めました

私は「 変だな 」と思いました

目の前にいるあなたの雰囲気が

いつもより深く重い感じがして

なんだかもはや鬼気迫る様子に

「 何かが起こる気がする 」

と思い始めました

ふとあなたの方を見直しますと

鎖骨の辺りが痙攣していたので

カーブに指をなぞらせながら

そのビクビクが

あなたの体を下っていくのを

何となく眺めていました

既に深夜でしたし

安定したストロークで一時間

頭を撫で続けていた私は

既に意識が朦朧としていて

あなたが下半身をよじらせていることに

気がつきませんでした

私が事態に気がついたのは

あなたが声を上げて

クライマックスに達した時

・・あ・・

私は驚きました

あなたはのけぞっていました

頭を撫でた 鎖骨をなぞった

それだけなのに!

すごい!

女性すごい!

私も気がつくと

めちゃめちゃ興奮していました

性的にとかってより

女性というか人間というか女性性の

ポテンシャルのデカさに目が覚めました

え、凄いじゃん!

添い寝屋の範疇にはない事態に私は慌て

撫でていた手を離してしまい

空気はどこかに霧散してしまいました

それで虚だったあなたの目は焦点を取り戻し

それでも私の顔を見ながらはっきりと

「 もっと 」

と言いました

・・・

分かる でもダメ

それは添い寝にならない

添い寝屋の私には

そう言う他ありませんでした

▱▱▱

リラックスだけでも極まれば

女性はそれをクライマックスにできる

それ程の増幅力がある

じゃあそのクライマックスに

体から的確に刺激を与えたら

どれほどのクライマックスになるだろう?

気になるなるなる

それで私は気づいたら

TaCITを知り

写メ日記を読み

応募して

研修をして

デビューしてました

それでたった2記事目で

こんな妄想日記を書いてる訳です

人生どうなるか分かりません

ここまで読んでしまって

どこまでが妄想なのか分からない方は

私の目に聞きにきてください

頭を撫でさせてください

▱▱▱

今日もおつかれさま

おやすみなさい

tw

初めまして、遠軽流です。

遠軽流

 

目を留めてくれてありがとう

初めまして

少し変わった名前の遠軽流です

エンガル リュウ

よかったらリュウと呼んでください

ちゃんと呼ぶとお腹に響きます

さて

今日はTaCITで書く初めての文章です

私の何を伝えれば

今のあなたと繋がることができるでしょう?

そうですね

じゃあ今日はシンプルに

私の幾つかのことを話させてください

多分あなたのどこかと繋がります

❶ 性のタイプ、方向性について

受容型のSです

受容型のS ?

私も初めて聴きました

でも適当に言っている訳ではなく

言ってみると私の心にフィットします

多分意味合いとしては(笑。真面目です。)

あなたが

自分のしこりや歪みを吐き出すための容器となって

一度それをぐちゃぐちゃにしてやりたい

ってことでしょうか

つまり手触りのあるカタルシスをご一緒に?

何を言っているんでしょう

何を言っているかは直接聞いてください

目を覗き込んで応えます

❷ 私の身体について

身長は180・体重は62・体脂肪率は9

かなり痩型の筋肉質です

競走馬のようだと言われます

これはライフワークとしてヨガとボクシング

特にボクシングをしているのでそうなるのですが

男に強打されるより

あなたに撫でてもらった方が嬉しいです

なので触ってください

そのために食べて動いて寝ています

❸ 言葉とリラックスについて

私は言葉のやりとりを重視します

洪水のように言葉を使い果たす

というより

一つ一つの言葉の余韻や余白に隠された

あなたの感情を聴きとります

そこを聴かなければマスターベーションでしょう

逆に言うとそこを聴き取ったなら

私たちは既にセックスをしています

まずはあなたのことを

あなたの言葉で教えてください

❹ 女性性というものについて

兼業でプログラマーをしているのですが

コンピューターなんてものより

人間の心

特に女性性というものは

複雑で奥が深い

時に複雑怪奇であるほどに

と思っています

そんなあなたの奥深いところを刺激したら

一体何が出てくるのでしょう?

私は興味津々です

私という容れ物で試して欲しくてたまりません

そのためならば手段を選ばず

健気に勉強していく所存です

本当になんでも

少し長くなりましたね

最後まで読んでくれてありがとう

またお会いしましょう

遠軽流

twitter はこちらから

 

 

1 3 4

FAQよくあるご質問

TaCIT  Read More

Voiceお客様の声

TaCIT  Read More

Reservationご予約について

Recruitセラピスト募集

TaCIT  Read More

Mediaメディア掲載

TaCIT  Read More
ご予約 予約方法