自宅で爆弾処理。

まさか、映画でよく見るアレを、

自宅でやることになるとは思いませんでした、、。

 

先日、

なぜか洗面所のお湯が出なくなりました。

そろそろ寒くなってきたので、水で手を洗うのはさすがに冷たい、、。

 

そこで、ガス会社に電話で問い合わせ、一通り状況を説明すると電話の向こうでスタッフさんが

「では一旦、洗面台の下の扉を開いてみて頂いてもよろしいでしょうか?

お湯と水のバルブがあると思うのですが、、」

 

城 「バルブ、バルブぅ、、あっ!これですかね?」

そこには「赤色」と「青色」の管が一本ずつあり、

マイナスドライバーで回せるような部分が、、。

スタッフ 「では、赤い方のバルブを回してみて下さい。

でも!注意して下さいっ!!!

回しすぎると水が吹き出る可能性があるので!!

慎重にゆっくりと、、、」

城 「赤い方ですね、、ゴクリ、、。では慎重に、、、」

このシーン、なんか映画でありそうじゃないですか?

主人公が爆発寸前の爆弾の蓋を開けると、赤と青の配線が。

そして電話でオペレーターから指示をもらって、緊張しながらどちらかの線を切り、

爆発をまぬがれる、手に汗握るシーン。

スタッフ 「ではまず手始めに、バルブが動くかどうか、左に少し回してみて下さい。1mmくらいでいいですよ」

 

と言われたので、

僕も映画の主人公ばりに集中して、バルブを少し回してみました。

 

城 「ま、回りました!でもお湯はでませんねぇ、、」

スタッフ「回れば大丈夫です!

では水を出しながら、それを少しずつ少しずつ、慎重に回していって下さい、、

くれぐれも回しすぎないように!」

城「わ、、わかりました、、」

 

ゴクリ、、、

少しづつ少しづつ、、、慎重に慎重に、、、

 

はぁ、、はぁ、、、

、、、クソっ!手が震えてきやがった!

なんでこんな時にぃ!

 

しっかりしろ俺! なにビビってんだよ!

俺は今まで数々の苦難を乗り越えて来ただろ!

これからも会いに来てくれる女性に、最高の時間と快感を届けるんだろっ?!

こんなとこで立ち止まってたまるかよ!

しっかりしろ長瀬城!

頑張れ!頑張るんだっ!!!

 

キュッキュッ、、、

 

もわわわ〜ん、、(湯気)

城 「出ました!お湯が出ましたー!!!」

 

オペレーター室(スタッフ50人くらいの設定)

「yeahhhhhhhh !!! 」

「よっしゃー!!!」

「やりやがった!ついに長瀬城がやりやがったー!!!」

「お前ならやってくれると信じてたぜー!!」

「これで市民の命は救われたんだー!!」

 

、、とはならず、

スタッフ 「出ましたか。ならよかったです。

また何かありましたら、いつでもご連絡下さいませ。」

プチっ、ツー、ツー、、、

 

これで長瀬宅の平和は守られ、

今日も僕は快適にお湯で手を洗うのだった、、、。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE