ご予約 予約方法

Diary
写メ日記

四つん這いの不思議

2021/06/15 遠軽流

自分にはこれといったフェチズム

というのが無くて

それは多分人間の全部が好きだからなのですが

四つん這いという姿勢

いやもう体位だけは

ある意味偏愛しています

というより信頼しています

四つん這いになればあなたは

顔以外の全てを晒け出すことになります

なのであなたの興奮度合いを表情に騙されず

直接に視認できます

この体勢で嘘はつけないのです

その一方

四つん這いになったあなたは

顔面を私から避けることで

羞恥心なく表情を歪ますことができ

いつもより野太く喘ぐこともでき

最後には叫び始めます

見掛けを越えて動物らしくなるんですね

四つん這いになると人間、女性は

それが素直に美しくて偏愛します

画像引用:Pixabay

 

 

エスプレッソ・オーガズム

遠軽流

 

これは、軽いオーガズム、、、なのでは?

という程に初めてのエスプレッソでトリップした遠軽です。

頭がふわふわしする一方で、体の感覚に異常に集中していて、一つ一つの刺激が剥き出しに感じられる。もちろん性感要素はないので「快楽」って感じはしないんですが、感覚の鋭敏さや独特の重量感自体は、なんかオーガズムっぽいんじゃないかと、勝手に想像しています。

いつも聞きたかったんですよね。女性がオーガズムに入り、エクスタシーに達した時、どんな気分や感じだったのか。ふわふわ、ズズズ、ぐらぐら、ぶるぶる、どるんどるんドクンドクン。あれってやっぱり、脳内はホルモンの洪水で、全部スッキリ洗い流されるんでしょうか。悩みも不安も、凝り固まった自我の記憶も。

今度はちゃんと聴かせてください。あなたの言葉で。

(この妙な興奮状態は何時間続くのだろう。。。)

現場からは以上です。また夜に

 

画像引用:Pixabay, クロノスエクスプレス

 

▱▱▱

 

違いに挑む宣言

遠軽流

 

おはようこんにちは

今日も喫茶店でカタカタ作業をしている遠軽です。でも今日は、絶対に一つ、自分に違いをもたらそうと決意しています。それは、この時代の覇者スターバックスで、初めてのエスプレッソを注文して味わってみること。。。

エスプレッソ。。。カフェインとか香辛料が微量でも激しく作用する私が、飲んだらそれだけでトリップしてしまうんじゃないかと思い、避けてきたエスプレッソ。。。名前の響きがエクスプレスに似ていて、それこそ飲んだらぶっ飛んでしまうんじゃないかと思いながら、イタリアの昼下がりにジローラモみたいなイカした爺ちゃんが、ランチの消化を助けようとその黒い液体をしみじみと飲み干している。。。そんなイメージに僕も浸かりたい。。。パスタは頼まないけどエスプレッソ。。。頼んでみちゃおうそうしよう。。。

それだけのことの命懸けの報告でした。次の日記は謎テンションかもしれません。

 

画像引用:Pixabay、黒点のエスプレッソ

 

 

実際は10%

2021/06/14 遠軽流

▱▱▱

うえーん。実は本日、兼業の方でドジをしてしまい、先ほどまでえんえん言いながらミスをセルフカバーして、そのままシクシクしておりました。そんな時に何故かダライラマ14世の公演映像がyoutubeで流れてきましたので、なんのけなしに視聴をしてみたところ、題名にしました「実は10%だよ」というセリフを彼が仰っておりました。

何が10%なのかと言いますと、「実際の快苦」らしいです。

どういうこと?

ダライラマ氏が言うには、人間は想像力や思考力によって、実際に起こった快楽も苦役も増幅してしまうとのこと。なので、嬉しいことがあっても辛いことがあっても、現実に起きた快楽や苦痛はその10分の1くらいのエネルギーしかないので、特に苦しいと感じている時は「でも現実にはこの10%なんだよな」って、クールに切り替えようぜってことらしいです。

理論としてはツッコミどころもありますが、でも確かにそうかもって思いました。人間の想像や思考って凄いなあと、セラピストをやっていても思いますので、その凄い力を効率的に使うノウハウとして覚えておこうと思われました。現場からは以上です。

それで、もしまやかしの90%に押し潰されそうになったら、ダライラマ氏か僕を思い出してください。呼ぶに至っては僕の方が現実的です。それでオーガズムなんかは一緒に1000%にしましょう。それは多分できます。今日もお疲れさま。

画像引用: Pixabay, 仏の微笑

▱▱▱

朝雨の一コマ

遠軽流

 

朝の5時くらいに目が覚めたので、9時ごろに用のある街に早く行き、なんとなく歩いていたら、写真に撮りたくなる一コマを見つけました。人家あり、線路あり、電車通り、神社向こうに、その手前には紫陽花が咲き。アジサイって紫陽花って書くんですよね。紫の陽の花って強そうです。ネイルのデザインなんかに混ぜたら、気合入りそうですね。

 

朝にヨガる

遠軽流

おはよう 月曜日だよ

もし今ベッドにいるなら

やって欲しいことがあるんだけど

一ついいかな

左の手のひらの真ん中の

少し窪んでいるところ

右手の親指で押してみて

右手で左手を包み込むと

親指が自然に当たるから

そこをできればさ

生まれてから一番丁寧に

ぐぐっとじっくり

ゆっくりじっくり

10秒間くらい押してみて

・・・

親指の先が筋肉や神経

組織をぐりりと押し分けていく

その感覚

気持ちいいと思うんだけど

どうかな

起き上がりたくない月曜の朝のベッドで

自分の体を少し丁寧に触れてみる

どう?

動きたくなりました?

それならいってらっしゃい

疲れたらまた休みに来てね

▱▱▱

初夏が終わり梅雨が来そうです

季節の移り変わりは早いですね

季節のお便りではないですが

実はTaCIT

日記や口コミの掲載場所が!

7月から ↓公式HP↓ に移行します!

ホームページそれ自体がより美しく

もっとあなたと繋がれるようになるから

お楽しみに。

楽しみです。

画像引用:Pixabay、赤ちゃんの手のひら

お茶を淹れる

2021/06/12 遠軽流

 

朝のルーティンにお茶を淹れます。

普通の煎茶をすごく丁寧に

・200mlに対して茶葉4g
・湯温は85度
・抽出は1分40秒くらい

で淹れますと、綺麗な煎茶が入ります。

渋味の奥に旨味と甘味が隠されている、って感じかな。

ちなみになんですが同じ茶葉でも例えば、

・200mlに対して茶葉10g
・湯温は60度
・抽出は4分くらい

にすると玉露みたいに、旨味と甘味が引き立ちます。

渋味は少しでほんとに甘い。茶葉の甘味をダイレクトに味わえる。

なんでそんな違いが起こるかっていうと、

茶葉の成分ってそれぞれ、お湯に溶け出す温度が違うんです。

・渋味のカテキンは85度以上で
・旨味や甘味のチアミンは50度から65度くらいで

緩やかにお湯に溶け出していくのです。

状況によって出す味が変わるんですね。

それを丁寧に対話しながらコントロールする。

なんだか似てますね。あれに。(笑。無理矢理。笑)

今日もお疲れさま。お茶、淹れときますよ。

 

画像引用:Pixabay

 

肉好きするヒト

2021/06/11 遠軽流

さっき食べた遅めのランチが芸術品だったので

記憶に残しておこうと思います

▱▱▱

お腹が空いた私は

スーパーに足を運び

程よくサシの入った淡いピンクの豚肩ロース

・・・だけを買い

トレーのままむんずと持って歩いて帰宅して

新しいテフロンのフライパンを弱火で加熱し

そこに4枚の豚肩ロースを並べました

厚みは一センチ弱くらい

淡いピンクの赤身と象牙のような脂身が

徐々に熱に溶けていき

ピンクが溶け出し赤身が白くなったなら

もうそれくらいで火を止めて

茶碗にボンボン投げ込みまして

その上から柚子ポン酢を少し垂らしこむ

・・・と

熱に揮発したシトラスが嗅覚を刺激し

溶けた脂はポン酢に洗われ

茶碗の底で程よいスープになっている

主役のお肉にかぶりつけば

うわ甘い

肉と脂のフレッシュな甘味

柑橘の風味に包まれながら

咀嚼され食道を落ちていく

そうして4枚を食べ尽くし

最後に残ったスープを飲み干すと

柚子の風味が味覚を洗って過ぎていく

ほんにごちそう

ごちそうさまでした

食事のデートに行くときは

誰の肉でも食べたいです

画像引用: onikuimages

▱▱▱

肌に触れる

2021/06/10 遠軽流

 

肌に触れる、という出来事のボリュームに驚いたので、それを文章にして振り返ってみたいのです。

人間の皮膚触覚は3種類の神経で成り立っていること、その中の一つは「C触覚繊維」と呼ばれていて、他の2つとは違い、微弱でゆっくりと安定した刺激にしか反応せず、そして何より異質な快楽を伴うなんていうことを、知ってはいました。

例えば、その点にのみアプローチするのがフェザータッチで、シルクのようなパウダーはフェザーの感覚を引き立てます。なのでパウダーフェザーは基本的にすごい気持ちよい。

それで、確かにテクニックというか知識としてはそれで完結しているのですが、実際に触る身からの感想としては、話はそれで完結しない訳です。

微弱でゆっくりと安定した刺激以外の何かが、絶対に伝わっている気がする。体温とか、心臓のリズムとか、その合わさりとか、あとそれらよりもふわっとしますけれど、こちらの集中度合いとか没入感覚とか、なんなら慈しみのような感情や、あとはもっと基本的な興味関心や労りの感覚、だとか、そこらへんのものがトータルに伝わっている気がする。

どこに?

皮膚になのか、皮膚を通してもっと深い、いやまあ脳という他ないんでしょうけれど。結局のところ伝わる先は「脳」という他ありませんからそうなのでしょうが、何と言いますか、結局はトータルなものがトータルに伝わっているだけなんだろうなと、妙に納得した気分です。

こんなことに改めて驚いたので日記にしましたが、驚くほどになんの纏めにもなっていませんね。笑

ですので取ってつけたような文句をしれっと書きますが、あなたに触る時には全部で触ります。どんな感じがしたかは後で教えてください。

 

追記

書式を変えると気分も文体も変わり、書く内容も変わりますね。ここら辺でも遊んでいきたいです:9

 

▱▱▱

 

電話が苦手

2021/06/07 遠軽流

私は電話が好きです

というのも声が好きだから

声って

声帯の振動らしいけど

本当はもっと奥の方から

横隔膜を超えて胃腸などの内臓

その先の骨盤の振動さえもが

写されていたりすると思う

そこまで言うならもう

声は体の震えなのでしょう

幼少期に合唱を長くやっていたからか

私は声というものに敏感で

そこからお互いの体や心の声を聞き直す

声の奥にまた違う声を聴いていたりする

( そもそも koe / コエ という音が好きだ )

さて本題

電話が苦手という人がいる

この日記を読んでいる人の中にもいるだろう

どうして苦手なのだろう

この疑問はずっと魅力的だった

そしてこの日記に結びはない

「 電話が苦手で・・・ 」

という人の声は震えている

胸から上の狭い範囲の震えが聴こえる

「 どうして電話が苦手なの? 」

と問われると

「 分からない 」と言いながら

震えが下に降りて大きくなる人もいる

「 どうして電話が苦手なの? 」

と問われると

「 分からない 」と言いながら

震えが上に昇って小さくなる人もいる

多分前者のような人とは

電話で話したかったような内容を

そのまま交わすことになるのかもしれない

後者の人のことは分からない

震えは止まり硬くなってしまって

コミュニケーションから拒絶されるかもしれない

この日記に結びはないけれど

電話が苦手なあなたの声こそ

私はいつか聴きたい訳で

どうしてと問うたらできれば

震えを止めずに応えて欲しい

▱▱▱

被虐と加虐

2021/06/06 遠軽流

 

 

この人には少し

 

被虐心があるのかもしれない

 

 

思うことがあります

 

▱▱▱

 

被虐心

 

慈しみや思い遣りとして

 

慈しみや思い遣りの範囲で

 

加虐されることを求める心

 

そんなものは誰にでもあるのかもしれない

 

特に女性

 

というより女性性というものには

 

一方で私は男性であり

 

女性性も濃いが男性性が優位で

 

心のどこかに加虐心がある

 

それが時に強く引き出される

 

女性の被虐心に反応する

 

隠されていてもすぐ分かる

 

骨を掴んだり

 

内臓の音を聴いたり

 

愛撫していく内に緩んだ目の表情から

 

被虐心が伝わってくる

 

それは甘い匂いがする

 

生物として清々しくて

 

ちょっと中毒性がある

 

加虐者としての私に

 

ドーパミンが流れるのを感じる

 

目の奥の方

 

大脳の手前

 

ドーパミンがドクンドク出てる

 

そんな時にはあなたを四つん這いにさせて

 

後ろから全部を眺めながら

 

私の長くて強い指を

 

開いた入口から侵入させる

 

私の手は手枷となって

 

あなたの手を背の上で縛る

 

脚を脚で押さえつけて

 

強い指で開いた恥骨を叩く

 

臀部と背中のラインは踊り

 

窪みが汗に満たされた頃

 

あなたは勝手に窒息する

 

この時間を延々に繰り返す

 

▱▱▱

 

経験を積む

 

という言い方がありますが

 

私はそのニュアンスを信じません

 

経験は人を削る

 

経験は

 

その人の奥底にあるものを削り出す

 

人間を彫刻する

 

そんなことに気付かされた数日でした

 

▱▱▱

 

 

初城に発情

2021/06/05 遠軽流

 

サムネだと小さいので再掲

そうです綺麗なホテルのラウンジで

( 先日のTaCIT本指名ランキングで1位に返り咲いた )

城さんと初めて向かい合いながら

セラピストとしての心構え

熱い心と言葉で伝授して頂きました

祝!

と言いつつすみません

「 初城に発情 」

ってタイトルが浮かんじゃって

興奮してどうしても使いたくなっただけで

お会いするのは初めてではありません。笑

実は最初の技術講習の担当が城さんでして

初城に発情したのはその時だったのでした

もうその時の城さんと言ったら本当にもう

なので今回でお会いするのは2回目

なーのーに

2回目とは思えない程

自分が心を開いている

というか開かされてしまっている

ことに気がつきました

この日はテーブルに座ってお茶を飲みながら

言葉で城さんのこの仕事に対する思いを

みっちりみっちりそれはみっちり

お伝えいただいたのですが

一番心に残っているのは帰り道にふと

「 え 何あの素敵な人 やっぱエロいわ 」

と思わず呟いていた自分がいたこと

TaCITの人々って

生粋のセラピストなのですね

本当のエロさって

人間性なのですね

そんな気づきに感動し過ぎて

聞いたこと全部忘れました

なんてね

城さん

お忙しい中、ありがとうございました

教えていただいたノリツッコミ

関東風にライトにしました

( 読み返してみるとノリツッコミなどない

つまりこの記事は深夜テンションの産物である )

▱▱▱

 

血液型を信じない

2021/06/04 遠軽流

あなたは何型ですか?

血のお話しです

僕は何型でしょう?

あなたにとって

▱▱▱

血液型を聞かれた時はいつも

「 血液型を聞かれている訳じゃないな 」

と思ってひとまず

「 何型だと思いますか? 」

と聞き返すようにしています

もし

「 A型でしょ 」

と言われたらそれを

「 バリアを捨てて、もっと近くにきて 」

って翻訳して

バリアを捨てて近寄ります

もし

「 B型でしょ 」

と言われたら

暫くあなたを見つめ返して

「 今、してほしいことある? 」

って静かに呟き

肩に手を置きます

もし

「 O型でしょ 」

と言われれば

声のトーンをシリアスにして

「 お前とやりたいことがあるんだ 」

と言って手を取り

したいことをします

それで

「 AB型でしょ 」

って言われたら

期待に応えて

そっちを向いた瞬間に

あなたの耳に噛み付きます

言葉の節々というか向こう側に

求めるものが見え隠れするので

私は血液型なんて信じてません

ひとまず

近寄り

手を置き

手を取り

耳を噛む

そっちの方が本当だし

楽しいですよね

聞く時は心して下さい

ちなみにサムネは

ほんとに僕の血の色です

▱▱▱

雨のカタカタ

遠軽流

雨ですね

見ている分には清潔で

季節の匂いを孕んでる

僕は喫茶店でカタカタしてます

あなたと会って

向き合ったり

隣あったり

重なり合ったりしている他は

多分ずっと

喫茶店でカタカタしてるか

ジムでボクシングとか

時にはヨガをヨガヨガしてます

正直ほとんどリズムで書いてるから

何言ってんだこいつって

なることあるよね

でもいいよね

キーボードは美しく叩きます

いつ頃からか人の体をそこに重ねて

一定のリズムやテンポで

タッチしていくようになりました

そちらの方が不思議なことに

コードもすんなり湧いてきて

そう僕はプログラマだから

いい作品ができたりします

最後にこれだけ聞きたいんだけど

多分意外と聴かれてないこと

最後にひとついいですか

どこにいますか

なにしてますか

同じ雨雲に蓋をされて

なにを感じていますか?

▱▱▱

リラックスはクライマックス

2021/06/02 遠軽流

リラックスはクライマックス?

はいそうです

リラックスはクライマックス

多分あなたの中では

▱▱▱

少しお話しさせてください

私は実は

添い寝屋さんにいました

研究室の先輩に

「 ユーならイケるよヤッちゃえよ! 」

なんていうノリで引き継がれた不思議な仕事

気がつけば学業や仕事の傍ら

数年は在籍していました

そこでたくさんの方

年齢や性別

抱えた歪みやしこりの種類は問わず

本当にたくさんの方の言葉を聴いて

背中をさすり頭を撫でて

必要ならばマッサージを施し

大きな手で包み込むようにして

眠りの中に引き込んでいきました

さて

今日お話ししたかったのは

そんな添い寝で遭遇した

女性性の力 ? についてです

結論から言っちゃうと

女性はリラックスでクライマックスできる

とてつもない集中力と想像力を持っている

なんていうことを話します

この気づきは私がTaCITに入りたいと思った

一つの理由でもあります

▱▱▱

一年くらい前

夜に寝るために呼ばれた私は

お客様の言葉を聴き尽くした後

( いえもうあなたにしましょう )

あなたの言葉を聴き尽くした後

あなたはぐったりしていたので

私は強めに二の腕を抱きこんで

もう一方の手で頭をずっと撫でていました

多分一時間くらい

ほんとにずっと

その間

毛髪を通じて頭皮へ

微弱な刺激があなたに伝わり続け

最初はくすぐったかったそれは

暫くすると心地良さ

そして快楽へと変わり

首筋には電気が走るような感覚が現れました

というより

あなたはそんな風にして身をよじり始めました

私は「 変だな 」と思いました

目の前にいるあなたの雰囲気が

いつもより深く重い感じがして

なんだかもはや鬼気迫る様子に

「 何かが起こる気がする 」

と思い始めました

ふとあなたの方を見直しますと

鎖骨の辺りが痙攣していたので

カーブに指をなぞらせながら

そのビクビクが

あなたの体を下っていくのを

何となく眺めていました

既に深夜でしたし

安定したストロークで一時間

頭を撫で続けていた私は

既に意識が朦朧としていて

あなたが下半身をよじらせていることに

気がつきませんでした

私が事態に気がついたのは

あなたが声を上げて

クライマックスに達した時

・・あ・・

私は驚きました

あなたはのけぞっていました

頭を撫でた 鎖骨をなぞった

それだけなのに!

すごい!

女性すごい!

私も気がつくと

めちゃめちゃ興奮していました

性的にとかってより

女性というか人間というか女性性の

ポテンシャルのデカさに目が覚めました

え、凄いじゃん!

添い寝屋の範疇にはない事態に私は慌て

撫でていた手を離してしまい

空気はどこかに霧散してしまいました

それで虚だったあなたの目は焦点を取り戻し

それでも私の顔を見ながらはっきりと

「 もっと 」

と言いました

・・・

分かる でもダメ

それは添い寝にならない

添い寝屋の私には

そう言う他ありませんでした

▱▱▱

リラックスだけでも極まれば

女性はそれをクライマックスにできる

それ程の増幅力がある

じゃあそのクライマックスに

体から的確に刺激を与えたら

どれほどのクライマックスになるだろう?

気になるなるなる

それで私は気づいたら

TaCITを知り

写メ日記を読み

応募して

研修をして

デビューしてました

それでたった2記事目で

こんな妄想日記を書いてる訳です

人生どうなるか分かりません

ここまで読んでしまって

どこまでが妄想なのか分からない方は

私の目に聞きにきてください

頭を撫でさせてください

▱▱▱

今日もおつかれさま

おやすみなさい

tw

初めまして、遠軽流です。

遠軽流

 

目を留めてくれてありがとう

初めまして

少し変わった名前の遠軽流です

エンガル リュウ

よかったらリュウと呼んでください

ちゃんと呼ぶとお腹に響きます

さて

今日はTaCITで書く初めての文章です

私の何を伝えれば

今のあなたと繋がることができるでしょう?

そうですね

じゃあ今日はシンプルに

私の幾つかのことを話させてください

多分あなたのどこかと繋がります

❶ 性のタイプ、方向性について

受容型のSです

受容型のS ?

私も初めて聴きました

でも適当に言っている訳ではなく

言ってみると私の心にフィットします

多分意味合いとしては(笑。真面目です。)

あなたが

自分のしこりや歪みを吐き出すための容器となって

一度それをぐちゃぐちゃにしてやりたい

ってことでしょうか

つまり手触りのあるカタルシスをご一緒に?

何を言っているんでしょう

何を言っているかは直接聞いてください

目を覗き込んで応えます

❷ 私の身体について

身長は180・体重は62・体脂肪率は9

かなり痩型の筋肉質です

競走馬のようだと言われます

これはライフワークとしてヨガとボクシング

特にボクシングをしているのでそうなるのですが

男に強打されるより

あなたに撫でてもらった方が嬉しいです

なので触ってください

そのために食べて動いて寝ています

❸ 言葉とリラックスについて

私は言葉のやりとりを重視します

洪水のように言葉を使い果たす

というより

一つ一つの言葉の余韻や余白に隠された

あなたの感情を聴きとります

そこを聴かなければマスターベーションでしょう

逆に言うとそこを聴き取ったなら

私たちは既にセックスをしています

まずはあなたのことを

あなたの言葉で教えてください

❹ 女性性というものについて

兼業でプログラマーをしているのですが

コンピューターなんてものより

人間の心

特に女性性というものは

複雑で奥が深い

時に複雑怪奇であるほどに

と思っています

そんなあなたの奥深いところを刺激したら

一体何が出てくるのでしょう?

私は興味津々です

私という容れ物で試して欲しくてたまりません

そのためならば手段を選ばず

健気に勉強していく所存です

本当になんでも

少し長くなりましたね

最後まで読んでくれてありがとう

またお会いしましょう

遠軽流

twitter はこちらから

 

 

1 2 3

FAQよくあるご質問

TaCIT  Read More

Voiceお客様の声

TaCIT  Read More

Reservationご予約について

Recruitセラピスト募集

TaCIT  Read More

Mediaメディア掲載

TaCIT  Read More
ご予約 予約方法