相性。「形」編

「やっぱり相性ってあるの?」

はっきり言うと、あります。

 

相性と言っても、いろんな相性があります。

 

セックス(性感)における「相性」と言うと、まず「体の相性」が思い浮かぶでしょう。

一番わかりやすいのが「形」。

 

セックスの場合は「女性器」と「男性器」ですが、その形は本当に様々。

男性器は視覚的にわかりやすいですが、女性器(膣内)も男性器と同じくらいに十人十色です。

(説明すると長くなってしまうので割愛しますが、女性器の中って本当に人によって形が違うんです。)

 

感じるポイントは本当に人それぞれで、形によってうまくポイントに当たるか、程よい大きさ(広さ)かなど千差万別。

男性器は太さや長さや硬さ、そして形。大きければいいと言うわけでもないと思います。

女性器(膣内)は形や広さ。締まり具合なども関係しますが、それも強ければ強いほどいいというわけでもありません。

 

こればっかりは、正解やベストはありません。

例えば男性的にはバッチリで気持ち良くても、女性からすると「う〜ん」何てこともあるので、お互いが気持ち良い時に「相性が良い」と言えるのではないでしょうか。

 

それは僕らのサービスにもある「指」にも当てはまります。

その女性のポイントのおさえることができるかどうかは、指の長さや形も大きく関わってきます。

なので「イってみたい」というお客様にはもちろん最善を尽くしますが「相性も大きく関わる」ということはいつも伝えます。

 

性器にしろ指にしろ、こればっかりは元々のものなので変えることはできませんが、

しかし、経験と知識によって対応できるようになり、動きのバリエーションや強さ速さなどを変化させ、いろいろな形やポイントに対応できるようにしています。

 

そしてそして。

その「形の相性」というのは、どんどん合っていく場合があります。

 

膣内は男性器(指)に柔軟に形を合わせることが出来ます。

僕は指を入れてからしばらく動かさずにいるのですが、それは膣内が僕の指に形を合わせてくれるのを待っているのです。

そしてしばらく待つと「キュっ」と形が合うのを感じ、それから動かし始めます。

 

女性の場合は「心」も大きく関係するので、心を開くことができた相手とは体の相性も合っていくということはよくあります。

僕も経験上、何度かお会いするたびに気持ちよくなっていただけることは多いです。

 

さて「相性」というテーマだけでも、あと4〜5項目くらい思いつきます。笑

長くなってしまうのでまた後日書かせて頂こうと思っています。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE