楽に生きる

こんにちは。

藍沢優作です。

 

世の中には自分ではコントロールできないものが2つある。


なんでしょう?

 

 

答えは、他人と結果です。

 

元々は人から聞いた話ですが、僕が人生を楽に生きる為に大切にしている考え方です。

 

アプローチを変えただけで、結局言いたいことはいつも言ってることと同じな気がしますが、今日も僕のおしゃべりに付き合ってください。

 

 

結果の話はまたいつかするとして、特に僕は他人のことはコントロールできない、という考えがとても好きです。

 

こう考えることで、いい意味で他人に期待しなくなります。

 

また、他人の嫌なことも許せる、というかどうでもいいと思えるようになります。

 

 

1番わかりやすい例は恋愛だと思います。

 

自分が好きな相手だからこそ、こうあってほしい、こういう態度をとってほしい、こう言ってほしい、というのは誰でも思います。

 

その期待に応えてくれないと、イライラしたり、悲しくなったりします。

 

でも、人の心は誰にもわかりませんし、変えることもできません。

 

はなから諦めるのが1番楽だと僕は思います。

こう考えれば、相手のことも尊重できるし、より良い関係を築けるんじゃないかなと思ってます。

 

 

恋愛はいい例ですが、他のどんな人間関係にも当てはまると思います。

 

 

コントロールできないとわかっている他人なので、自分にとって都合が良くない(言い方は悪いですが)人なら、距離を取るか、関係を断てば良いです。

 

この人に変わって欲しい、という思いを捨てて、どうでもいいやと思えば、ウザい気持ちも芽生えにくくなると思います。

 

 

 

僕がこんな考え方をするようになったのは、自己分析するに、過去の経験から傷つきたくないという気持ちが強いからだと思います。

 

他人に期待したり、執着をしなければ、その分傷つくことも減ります。

 

 

現に昔と比べたら今の方が圧倒的に心は安定しています。

友達がいないだけ、というツッコミは無視するとして、今では人間関係で悩むことは全くありません。

 

でもどこか少し物足りない気もしなくもないです。

 

 

一度きりの人生なので、もっと心の激動があってもいい気もします。

 

人に執着するからこそ学べること、感じられることもあって、それもまた悪くないのかなと思います。

 

なのでいつかの将来(今は望んでません)、コントロールしたくなってしまうような人ができてしまうのも、怖いけど楽しみです。

 

 

写真: HONEYLIFE TOKYO ジンさん撮影