森月師匠の言葉。

女風の世界は、

知らなければ、女性からしても男性からしても、少し怪しそうな世界だ。

僕も例外ではなく、そう思っていた。

 

とあるご縁で、面接を受けさせて頂くこととなったが、

その後の講習の日になっても、正直全然信じてはいなかった。

 

迎えて下さったのは、ホームページでチェックしていた、爽やかでキュートな森月お兄さん。

でもまだどんな悪いヤツかわからない、、。

 

女性にエロい事をして、お金をもらうなんていう、怪し仕事をしているんだろう。

半信半疑のまま、そのキュートなお兄さんの指導で講習は進んでいく。

 

しかし、僕の疑いとは裏腹に、内容は目からウロコ。

女性の体のことはもちろん、前後の準備やおもてなし、会話やエスコートなど、

ホスピタリティにあふれていて、全くいかがわしい事などなかった。

逆に、これらを知らず女性と接していた自分を恥じる。

 

僕は持ち前の暑苦しい関西パワーで、森月さんに質問攻め。

気になる部分を全て払拭しておきたかった。

森月さんは何一つ取り繕わず、ご自身のご経験を踏まえ全て正直に答えて下さった。

 

ひとしきりいろいろと聞いた後、

「結局、森月さんが一番意識しているのはなんなんですか?」との僕の質問に森月さんは、

「お客様を愛すことです。」と答えられた。

その瞬間、僕の疑いで淀んでいた気持ちは一気に晴れた。

 

僕も今までの人生で、苦難やストレスなどを乗り越えながらも、より健やかに生きていくために行き着いた答えが、

素直に「人を愛すること。」だったのだ。

 

怪しそうで信じられなかったセラピストという仕事。

その一線で活躍されている方からその言葉が出てきて、少しびっくりもしたがホッと安心し、

また、自分と同じ考えを持った方に会えたことも嬉しく、それを毎日実行されていること、実行できるこの仕事へのリスペクトも芽生えた。

 

以来、「森月師匠」と慕い、今でも日々ご指導いただいている。

デビューして数ヶ月。 僕も自身の言葉に偽り無いよう、一人一人のお客様を心から愛せるよう、これからも。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE