日光浴と免疫力

 

こんにちは!
TaCITの朝比奈です。

今日はあいにくの天気ですね〜。
天気がどんよりしていると気持ちも落ちる事もあると思いますが、朝比奈は今日も元気に兼業いってこようと思います!!!(^^)
しかし、今日はメッチャ寒いです!笑

そういえば、日光浴のメリット・デメリットに関する研究は昔から存在し、ヨーロッパ圏の方は特に日光浴を推奨していたりしますよね。

ロンドンは土地柄、年間の天気の悪い日の日数が世界トップクラスとも言われており、その辺りも「日光を大事する」気持ちが他国に比べ高いのかもしれません(日照時間とうつ病の発生の相関についての文献も諸説あるそうです)。

そんな中、最近なにかと話題にあがってくる「免疫力」についても、日光浴による向上の可能性も謳われております。

健康の調子を整える「ビタミンD」は、食事により接種する事以外に、日光を皮膚から吸収し作り出す可能性があるそう。

逆に、

日光浴の不足
→ビタミンDの減少
→カルシウムの吸収が低下
→免疫力が低下する

この構図になります。

しかし、特に女性であれば肌のシミや日焼けが気になり、紫外線を避ける為日に当たる事に嫌悪感を示す方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのが、「手のひら日光浴」。

昔、何かの歌の歌詞で「てーのひらーをーたいようにー」みたいなのがあったのを記憶しておりますが(笑)、その状態で手のひらだけの日光浴でも充分に効果はあるそう。

てのひらであればシミやシワの懸念もないので、
天気の良い日には窓から手を出してみてください!

幸せホルモン「セロトニン」と免疫力向上につながる「ビタミンD」を生成して、心身ともに元気に!!

あ、時間やべぇ。
仕事の準備しなきゃ笑