支配について。

男女問わずMの人は多いと思います。

支配的なプレイがお好きな方も少なくありません。

 

Mにもいろんな種類があって、

・思いやりを持って責められたい。

・物のようにぞんざいに扱われたい。

・痛みを感じたい。

・辱めを受けたい。

など様々です。

共通するのは、ある種の「支配感」でしょうか。

 

快感の奥に、支配している快感、支配されている快感、というものがあるようです。

 

軽いSM、ハードなSMありますが、SMプレイの醍醐味は、

異世界異空間を味わえる、というものがひとつあるかと思います。

 

例えばカップルでも、普段は普通の関係でいいんです。

プレイの際に通常の関係を壊すことによって、

一種のトランス状態に入り、開放的になることができ、より興奮度が増し没頭できるというのはあると思います。

 

ここからは社会的な話しで少々かたくなってしまうのですが、、笑

支配的なMの成り立ちは、男女によって少し性質が違うよう。

 

男性に関しては、

やはり日本はマザコン文化というのがあるみたいです。

 

もちろん欧米などでも母を愛するというのはあるのですが、

日本は今まで専業主婦という文化があり、

どうしてもほとんどの子どもがお母さんに育てられるという習慣から、

母親に依存するようになり、マザコンという言葉ができ、

それが男性のMに繋がっているのでは、

と、とあるSMの女王様が言っていました。

 

女性の場合は、いくつかパターンや説もあるようですが、

共通するのは、やはり日本は今まで男性社会だったというところでしょうか。

 

ある種男性に依存しないと生きていけない世の中(昭和ごろまで)、

そんな中で男性から支配されることが生きている実感となることもあるみたいで、

それが性的なことにも繋がることがあるよう。

 

また、そのような社会の中で、支配された方が楽だという考え方もあるみたい。

これは男女問わずかもしれませんが、

自分でクリエイトするより、言われるがままされた方が楽で、

それが次第に快感に変わっていく、と言う説もあるようです。

 

少し難しい話しでしたが、これは単なるSMの成り立ちの一説。

 

ベッドでは何も考えず、

ただ貴女が気持ちの良いスタイル、気持ちの良いプレイで、楽しんで頂ければと思います♡

 

ちなみに僕は、

SとM、どちらも持ち合わせております、、♡

追記:

ツイッターのコメントで頂いたのですが、ご自身のご経験から、

「近年は、日本の女性も強くなってきて、男性と対等な社会での立ち位置を手に入れるようになり、

逆に表に出ない弱い部分をS男性に認めてほしい、プライベートでは思いっきり支配されたいという、

表面はS、内面はMの女性が多いのでは、と思います。」

とのことでした☆

なるほどぉ、、そのような成り立ちもあるのですね!勉強になります、、。

そう考えると男性も、お偉いさんや重役の 人ほどMや赤ちゃんプレイがお好きな方が多いらしい、、。

性の世界は本当に多様的ですね。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE