性器より敏感な場所。

実は性器はそこまで敏感じゃない?!

性器って、体の中で一番大切な部分で敏感と思われがちなのですが、

実はそうではないんです。

 

セックス(性的な行為)においてより気持ち良くなるためには、どんなことが重要なのか?

 

女性の方ならご経験があるかもしれませんが、

ずっとク◯ニをされていても、確かに気持ち良いけどどこか寂しい、なんてことも。

それは、性器だけでは体も心も完全には満たされないからなんです。

 

では体の触れられる部分で敏感な場所ってどこかわかりますか?

 

それは「手」と「口(唇と舌)」。

それらは絶対的に性器より感覚が優れています。

 

指を2本出して、手のひらに当ててみて下さい。

その後、同じく性器に当ててみて下さい。

当たった指の本数や感覚は、手の方がはっきりわかるかと思います。

舌だとさらに味もわかります。

 

「手」は人間が何か行動をするにあたって、一番使う部分(目や耳での状況確認後。)。

物の感触や温度を把握するため、とても敏感につくられています。

「口」は動物的に体に異物が入らないように、良い物を取り込めるようにつくられているので、これまた敏感です。

 

そう考えると、性器が体の中で一番敏感ってわけでもないんですよね。

もちろん、子孫を残すための重要な器官なので、本能的に守られるようにできています。

僕も突然ボールが股間に飛んできたら、思わず腰を引きます。笑

 

では心も体も気持良くなるためには、、、もうわかりますよね。

「手をつなぐ」「キスをする」です。

 

僕はク◯ニ中もずっと手を繋ぐようにしています。

(終盤のスーパーテクニックに入るまでは。笑)

 

嫌じゃなければ、キスも沢山したいと思っています。

それはベッドの上だけじゃなく、部屋やお風呂でも。

 

そしてハグ。

体全体を密着させるので、より全身の感覚でお互いを感じられる。

 

アソコだけを意識するのではなく、体のすべての部分の繋がり。

それがより貴女を満たす鍵かも。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE