心の鍵。

お客様とお会いする前は、ドキドキだ。

 

こちらの方が、お会いするお客様の情報は少ないかもしれない。

お客様は、セラピストの顔は分からないとは言え、

プロフィールや写真、Twitterなども見て下さっている方が多い。

こちらは、事前にDMなどでやりとりさせて頂く方も多いが、情報量は多くはない。

 

もちろん、どんな方であっても出し惜しみをせず、自分のできる最高のサービスをするのは大前提だが、

まず初対面の方とお会いした際に、安心して心を開いていただける自分でないといけない。

 

性感の気持ち良さを妨げる要素の中には「緊張」もあるので、それをまずは取り払いたい。

以前の日記にある「3度の深呼吸。」の後、お客様の元へ向かう。

 

関西人ということと、その中でも壁を作らないかなりオープンな方なので、

基本的には誰とでもすぐに打ち解けられるのだが、

お客様によって心を開いていただける鍵の形は違う。

こちらが喋りまくった方がいい時もあれば、お話をして下さる時は楽しく聞かせて頂く。

性感の際も、気持ちの良い部位や、触り方や強さの好みが違うように、

会話の内容、お好みの声の大きさや仕草やなども、お客様によって様々。

どんな方であってもこちらは瞬時に柔軟に接することができるよう準備をしている。

 

気持ち良くなって頂くための施術の時間は決まっている。

でもホテルへ入る前から、それは始まっているのかもしれない。

 

部屋に入った頃にはもう恋人気分。

お互い心を開いて楽しい会話をした後は、沢山エッチな事しちゃおうよ。

 

今日初めて会ったやんな?そんな気がしないね♡

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE