後輩からの相談。〜会話〜

タシット の後輩セラピストにこんな相談を受けたことがあります。

 

「お客様にご満足頂けなかった気がして、、」

「話しがあんまり盛り上がらなくて、、」

 

以前、日記にも書いたことがあるのですが、

偉そうに後輩の相談にのる僕も、

今までお会いした全員の方にご満足頂けたかというと、決してそうではないと思います。

 

もちろん全てこちらの技量不足!!!

例えば100人にお会いして100人にご満足頂けるセラピストになるのは至難の業ですが、

でも限りなく全ての方にご満足頂けるための技量がないといけません。

 

性感テクニックにおいて、僕が重視しているのは、

[ バリエーション × 察し能力 ] というもので、

どんな方のお好みにも合うバリエーションの数をこちらが持っているか、

そして相手のポイントや状態を察知する能力があるか、

が重要だと日々鍛錬しているのですが、

セクシータイムだけじゃなく、接客においても必要だと思っています。

 

これは、セラピストとお客様の関係に関わらず、

会話一つとっても人によって、

自身の話しをしたい人、相手の話しを聞きたい人、

ワチャワチャ明るくお話ししたい人、しっとりお話ししたい人、

そしてその方のお話しの内容やジャンルの興味は様々。

 

なのでこちらは、

お話しの内容のバリエーションが必要だし、

お相手のご興味やお好みの雰囲気を察しながら調整しながら、

お相手が一番心地良くご満足して頂けそうなバランスで進めなければいけません。

 

それは、会話、アロママッサージ、性感マッサージ、

全てにおいて言えることです。

 

それが上手く出来なかったことが、

今回後輩がご満足に至らなかったのではと感じた一つの原因かなと思います。

 

なので僕らに必要なことは、

どんなジャンルでも楽しくお話しできる対応力を養うために、

いろんなものを見聞きして、経験していること。

相手のお気持ちを察知できるよう、

日々人と関わり、その感情の機微を感じること。

 

関西人の僕は昔から人と関わることが好きで、

サービス業に携わっていたこともあり、

その経験が生きている実感もあって、

でも、今までの人生で、踏み込み過ぎて地雷を踏んでしまったり(笑)、

遠慮し過ぎて関係を築けなかったり、

「これが俺じゃーー!」と自分スタイルを貫き通し過ぎていやがられたり、、

ということも多々あったので、

人との関わりのバランスを考える機会も多かったのだと思います。

 

もちろんまたまだ日々勉強中で、

日頃お客様から学ばせて頂いていることも多く、とても感謝しています。

出来るだけ全てのお客様にご満足いただけるよう、

これからも努めていきます!

 

もう一つ後輩と話していた「ご満足に至らない原因」は明日の日記で。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE