希薄な関係。

僕はもうワンナイトラブは無理かもしれない。

 

いや、男性からすると、正直ありがたいことだろうし興奮もするだろう。

僕も若い頃は、その日出会った女性と一夜を過ごさせて頂いたことは何度かはある。

 

でも昔から僕は感情が入ってしまうタイプで、連絡先も交換せず別れるような関係であっても、

「元気にやっているかなぁ」「不自由していないかなぁ」「不快感を与えなかったかぁ」など色々と考えてしまう。

 

最近はこの仕事をさせて頂き、多少なりとも女性のことを知り、

まだ未熟ではあれど、心で接することを意識しているということもあり、

男女関係なくだが、普段どんな人と会う時も、関係希薄に切り捨てることがさらに出来なくなった。

 

必要以上に相手のことを思い、考えてしまう。

切り捨てられず、ずっと心に溜め込んでしまう。

ということから、自身の軽率な行動は控えようと思っている。

 

その性格は、この仕事においても影響している。

一度しかお会いしていないお客様のことでもずっと覚えていて気にかけてしまうのは、悪い部分ではないがもう少し気軽に捉えても良いかもしれない。

 

ただ良い部分としては、目の前のお客様に全身全霊、感情を込めて尽くせるところかと思っている。

 

ただのサービス提供者とお客様という希薄な関係はでなく、

人と人、心と心、それがあっての体と体。

 

セラピストとして少し経験を積ませて頂いた今だからこそ、今一度意識しようと思う。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE