左手利き × 音楽

 

 

実家の隣のオウチに立派なピアノがあり
小さい頃はよく弾かせてもらいにいってました。

弾くというよりは、”鍵盤をテキトーに押す”
くらいのレベルですが
結構楽しかったのを覚えています。

テキトーに押してみて
なんとなく心地よい音の並びを発見出来たり。

その時は、
「さ〜く〜ら〜、さ〜く〜ら〜」

「エリーゼのために」
の冒頭部分だけマスターしました。

僕は多分、音楽が
かなり好きな部類だと思います!

まさしく『No Music,No Life』です。

音楽が昔から好きすぎたので
「音に合わせて体を動かせるようになりたい!」
という動機でダンスを始めたくらいに好きです。

左手利きは、

「想像性の脳領域が発達する」
「言語を司る脳領域は少し弱い」

なんて話しもあるみたいですが、
まさしくそんな感じだなあと自分で思います。

※朝比奈は全てが左手利きなのですが

曲調の雰囲気から
その世界観を勝手に妄想したり、その世界観に入りこんでみたりするのが好きです。

一方で
曲を聴くのは好きなのに、聞いているときに歌詞が一切入ってこない。笑
昔からずっと、今だに入ってきません。

「この曲の歌詞がいいんだよね〜」という感覚が発達せずに大人になってしまいました。笑

※文面に起こされた歌詞を見て「この歌詞いいわあ」と思うことはあります

——————-
アーティストの美しい歌声が
全て「その曲を構成する楽器の一部」のようになってしまう感覚。
——————-

あまり共感されないので、、
もしこの感覚が分かるよーって方いたら教えてくださいね(°▽°)

、、ダンスやるなら
ちゃんも歌詞の意味も捉えないとダメなんですけどね多分!!笑

画像引用:Pixabay