実像

 

こんにちは。
トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

 

こないだの日記で、普段しないジャケット姿を虚像と書きました。

 

ならばこの白Tデニム姿が僕の実像です。
しょっちゅうこのスタイルをしています。

 

ジャケット姿はイタリアっぽいアイテムが多かったですが、このスタイルは完全アメカジです。手に持ってるメガネ以外はアメリカです。
あとパンツと靴下も違いますが。

 

なんとも平凡なスタイルですが、だからこそそれぞれのアイテムにはかなりこだわっています。

 

 

まず白T。
理想の白Tを何年もかけて探してきました。
今も探し続けてます。

 

上品な素材のテロっとしたものから、1000円もしないものまで色々買ってきましたが、今のところこれに落ち着いています。

 

ポイントはポケットが付いていないこと、身幅が広めのボックスシルエット、首回りがヨレないこと、1枚で着ても乳首が透けないこと。

同じTシャツの全く同じサイズを6枚持っています。
今年も2枚また買う予定です。

 

デニムはあの超王道ブランドです。
僕が世界一好きかもしれないブランド。
こだわりポイントは多すぎて書けません。

 

どのモデルか写真だけでわかった人がいたら、何かプレゼントあげます。笑

 

靴はコンバースですが、日本で買える普通のコンバースではないです。
A〇Cマートで買えるような1万しないくらいのは、履き心地も良くないし、紐の素材とか、フォルムがなんか気に入らないです。

 

まず紐から語ると、一般的なコンバースと違って、これは綿100%です。
綿だと何がいいのかと言うと、、

 

やっぱりもう誰も聞いてないと思うのでやめておきます。

(コンバースって、日本では〇〇忠商事がライセンスを持ってるらしいんですが、大人の事情?で日本では販売できるモデルが限られているみたいです。)

 

これからの季節、リクエストがなければこの感じで登場する可能性大なので、虚像の方が良いって方は遠慮なく言ってくださいね。

写真: HONEYLIFE TOKYO ジンさん撮影