ご予約 予約方法

Diary
写メ日記

[正しい爪の長さ]

2020/05/02 長瀬 城

[正しい爪の長さ]

 

これは、全ての男性、全てのセラピスト、もちろん女性にも是非観て頂きたい動画です。

絶対に知って欲しくて、ずっと撮りたかったものがやっと完成しました。

(動画へのリンクは下へ。)

 

「女性器を触るということは、内臓を触るということ。」

 

よく言われていることで、これが医学的にはどこまで正しい表現かはわかりませんが、男性はそのつもりで、女性の体に触れる際は本当に細心の注意を払う必要があります。

 

正直、僕が(性的なことに関しては)一般男性だった時にこれが完璧に出来ていたかと言うと、そうではないと思いますし、その状態で女性に触れていたことを今となってはとても申し訳なく思ってます。

 

おそらく世の中の半分以上の男性は認識できていないのが現状だと思います。

「相手を思いやるセックス」の正しい教育が乏しい日本では、知識がないことはしかたない部分もあるのですが、この機会にどうか知って欲しいです。

 

女性器に関わらずですが、女性の体は本当にデリケートです。体だけでなく心もそうです。

 

なので僕はよく「今にも崩れそうな柔らかいお豆腐に触れるように」と表現します。

もちろん個人差はありますし、大げさとも捉えられるかもしれませんが、そのくらい思っておいた方がよいくらいに、昔の僕含め男性は気にもしていないのです。

 

女性は優しいので、なかなか男性に指摘をすることができません。

特に好きなパートナーには、相手を気遣って言わずに我慢をする人も多いです。

また、風俗で働かれている女性にとっても、これは困っている問題だと思います。

 

タシットのセラピスト候補生への講習の際は、まず初めに爪の長さの話しをし、僕の爪を触ってもらい知ってもらいます。

プロとしてお金を頂き女性に触れるこのお仕事。女性を傷つけるなんてことが絶対にあってはいけません。

 

男女関わらず、ふとした言動で相手の心を傷つけてしまうことは、人生にはあるかもしれません。

でも身体的なことは、意識し注意すれば起こらないことです。

 

正しい知識で、女性が我慢をしなくてよい世の中になりますように。

 

動画はこちら。(長瀬 城Twitter)

↓↓

[正しい爪の長さ]

 

※文章では男性と女性という表現をさせて頂きましたが、それ以外のジェンダーや組み合わせも含んでいるということをご理解下さい。

※記事や動画には、個人的主観・見解が含まれることをご理解下さい

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

セックスレス。その3

2020/04/29 長瀬 城

前回に続き今回は、セックスレスについて「その3」。

 

その2では、女性側が「旦那(彼氏)とはしたくない!」というパターンについて書いたが、

その理由で「痛いから」というのはよく聞く。

 

ペニスの「挿入時に痛い」のは、半分はしかたない部分もある。サイズや形の相性の場合もあるからだ。

でも半分は、男性のやり方次第だったりもして、解消できる余地はある。

 

前戯も含め、「技術的な痛い」は完全に男性の知識不足。

これは日本人男性の大きなウィークポイントだ。

 

日本では性については今までタブー視されてきて、性教育も実用的なものではなく「生物学的な知識」に近い。

 

オープンに知識を得る場がないために、男性はAVのようなセックスをしてしまう。

「派手に動かす。早く動かす。」

エンターテイメントであるAVにおいては良いとは思うが、そのせいで辛い思いをしている女性が多いことは事実だ。

 

夫婦(カップル)間でこれを指摘するのは、意外とハードルが高かったりする。

性的なことを話すのが恥ずかしかったり、相手を傷つけたくないというのもあるだろう。

 

指摘というよりは、「どうすれば一緒に楽しめるか」にフォーカスすると改善しやすいかもしれない。

女性は男性に「こうして欲しい」などを頑張って伝えてみて、気持ちの良いポイントで「気持ち良い」と教えてあげるのは効果的。男性からしてもわかりやすい。

気持ち良い「フリ」は絶対に禁物! 男性が、これでオッケーと思ってしまうからだ。

 

男性からすると、「こんなにゆっくりで弱くて良いの?!」「こんな部分を触るの?!」と、今までの自分のやり方との違いに驚く人もいるだろう。

それほど、世の男性は女性の体を知らないのだ。

(もちろん、僕もセラピストになるまではそうだった。)

 

もしいきなり女性からお願いするのに引け目を感じるのであれば、まず自身がしてあげる際に相手の気持ち良いポイント聞いてみると、男性も意欲的に貴女のポイントを探してくれるかもしれない。

 

もっと言うと「ひげ」や「爪」もそうだ。男性は意外とそこへの意識はとても薄い。

それは実際に体が傷つくことなので、ビシッと指摘しても良いと思う。

 

なにはともあれ「コミュニケーション」!

気持ち良いセックスにはそれが必須だ。

 

(タシットでは、「カップルコース」や男性への「講習コース」も用意しております☆)

 

「その4」へ続く。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

回数。

2020/04/28 長瀬 城

僕の経験上、お会いする回数を重ねる度に気持ち良くなってもらえている実感があります。

 

皆様も、仕事やプライベートなどで知らない人と初めて会った時に、会話のスピードやタイミングが合わなかったりして変な間が空いたり、

相手の趣味や趣向を知らないために、探り探り話しを進めたという経験はあるのではないでしょうか。

 

そしてしばらく関わっていくうちに、相手のこともわかってきて波長や思考も合っていく、なんていうのはあるあるだと思います。

 

性感にもそれはあります。

 

もちろん僕らはプロなので、1回目からお客様の気持ちの良いポイントに辿り着く能力には長けているとは思うですが、やはりはじめは探っています。

 

カウンセリングでしっかり伺いはしますが、ベッドの上ではいろいろなテクニックや部位を試しながら、気持ちの良いポイントを見つけます。

 

単純に、何度かお会いするとその作業が必要なくなり、必然的にピンポイントで気持ちの良い時間を長く楽しんでもらえるというメリットがあります。

(その日によって、女性の気持ちの良いポイントは若干変わることもあります。)

 

身体的にも、お互いの指や女性器の形が合っていくということは大いにあって、

関わった回数と時間によって、女性器がこちらの形を受け入れられる態勢になっていきます。

 

それに大きく影響しているのは、やはり「心」「気持ち」。

 

「この人には安心して身をゆだねられるわ。」「この人は私を気持ち良くしてくれる。」

と感覚的に認識することで、体や女性ホルモンも相手を受け入れるようになっていくのです。

 

そのために、会話や雰囲気作りもとても大切。

女性も、一言も話したことのない男性といきなりベットイン、なんていうのは考えられないかと思います。

(逆に興奮するパターンもあるかもしれませんが。笑)

 

もちろん性的なサービスなのでそちらがメインになるのですが、「快感」に重要なプロセスとしてお会いした時から心を開いていただけるように雰囲気を作ります。

 

そう考えるとやはり、何度もお会いしてお互いを知っているのは大きいですね。

 

以前にその段階を細かく書いた記事もありますので、合わせてお読みいただけると幸いです。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

全集中。

2020/04/27 長瀬 城

自分で言うのもなんなのですが、

僕の一番長けている能力と聞かれると、人並み外れた「集中力」だと思っています。

 

何かに没頭すると、自分でもビックリするくらいに力を発揮します。

 

かつて、大抵の人が半年くらいかけて済ませる仕事(作業)を、1ヶ月で終わらせて驚かれたこともあるくらいです。

 

しかし逆に、本当にスイッチが入らない時はなにもやる気が起きません。極端なんですね。笑

 

その集中する能力が悩みでもあります。

基本的にどんな時でも、特に人と会う時は自分の表情や話し方、会った時のシミュレーションなど、いろいろと考えて臨んでしまうので、けっこう疲れるのです。

 

でも、セラピストに関しては強みでもあると思っています。

 

例えば3時間なら3時間、その時間に全ての力を出し切れるよう集中します。

もちろん、男女の素敵な時間なので、「グッ!と力や気合いを入れる!」とかそういう意味ではなく、

良いように言うと、「その時間を超大切にする」「ないがしろにしないよう意識する」ということろでしょうか。

 

一人一人のお客様との時間への意識。

これは自信を持っているところでもあります。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

レジ袋の開け方。

2020/04/26 長瀬 城

そうそう! これこれ!

これめっちゃ悩んでたんよ〜。

 

いつも行っているスーパー。

もらったビニール袋を開ける際、レジを済ませたところに指を濡らすタオルが置いてあって、

「20分おきに除菌しております」って書いてあるし、今までは使っててんけど、

最近はさすがにはばかられるなぁ、、と思いながら、

でもサラサラ城ちゃんのお手てではなかなか開けられへんし、、。

 

とあるスーパーのアイデアがツイッターにあがっていたので、オリジナルのきゃわいいイラストでシェアします!

(ロゴにも注目。笑)

 

☆の部分を左右に引っ張ると、矢印のところが広がって開けやすくなるそう。

ほんまかなぁ、、笑

 

僕は昨日買い貯めをして、しばらくスーパーへは行かないので、

誰か試してみてください☆

 

今までこの方法が世に出ていなかったとは、、

人間はいかに「濡れタオル」という文明に頼っていたことか、、。

 (って、このツイートもうみんな知ってるくらい有名になってた?笑)

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

Vol.3リリース!

2020/04/25 長瀬 城

[城のSexyタッチ] Vol.3リリース!

 

新作動画を長瀬城のTwitterにて公開致しました。(リンクは下記。)

 

ありがたいことに、大変ご好評頂いているこの企画。

タシットのテクニシャン枠としては、少しでも雰囲気を味わってもらえれば幸いです。

 

今回は「今までで一番良かった!」などというお声も頂き、嬉しい限りです!

 

レモンをちょっと工夫して、エロく表現しました。

お客様とお会いする前同様、撮影前は気持ちを高めています。笑

興奮して頂ければ本望なのですが、、♡

 

「撮影裏話」

今まで2作品は何テイクか撮ったのですが、今回は1発OK!

エロおさわり撮影にも慣れてきた?

白い布に液体が沁みていく様にもご注目。

 

引き続きアップしていく予定にしておりますので、是非ご覧ください!

イケメンには負けへんで〜!

 

動画はこちら。(長瀬 城Twitter)

↓↓

[城のSexyタッチ] Vol.3

過去動画

[城のSexyタッチ]Vol.2

[城のSexyタッチ]Vol.1(お豆腐対決)

 

(※撮影後は美味しく頂いております。)

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

仙骨シャワー。

2020/04/22 長瀬 城

仙骨シャワー。

 

一時期ツイッターでも話題になっていた「仙骨シャワー」。

超簡単に言うと、「仙骨を温めると、より気持ち良くなれるぜ!」というのが今回のテーマだ。

 

以前の日記「体を温めろ!」にも書いたように、体が温まっていると感じやすくなる。(イキやすくなる。)

そしてそれをより効果的にするのが「仙骨」を温めることだ。

 

「仙骨」はお尻の割れ目の少し上くらいに位置する、左右の骨盤を繋げている骨(ツボ)。

(写真の部分。)

そこには下半身の神経や血管が集中している(骨盤内臓神など)。

要は、そこを温めると全身が温まるということだ。

子宮を覆うように守っている骨なので、生殖器へも直接の効果がある。

お灸などでも、そこを重点的に行うことがあるようだ。

 

体が冷えると感覚が鈍るのは、前回書いたように当たり前の体の反応なので、

性感で感じる(イク)ためには、冷えは大敵。

 

オススメは、エッチなことをする前、

シャワーで十分に仙骨を温めた後、しばらく湯船に浸かること。

性感サービスの場合は全身リップなどもあるので、生殖器近くを重点的に温めるだけでなく、全身ポカポカにいておいて欲しい。

 

僕はそれを知っているからか、ハグをする際など自然と仙骨周り(腰)を撫でている。笑

神経も集中しているので、感じるポイントでもあるようだ。

フェザータッチをすると、足に力が入らずフニャっとなったりも♡笑

アロママッサージの際も、仙骨周辺をしっかりと行い冷えないようにしている。

 

女性に気持ち良くなって頂くためには、単純にテクニックだけではなく、

しっかりと下準備も必要なのだ。

 

他にも仙骨シャワーは、

自律神経を整えたり、免疫力を高めるのにも効果的なようなので、

毎日シャワーを浴びる際は、1分でもいいので行うことをオススメする。

 

その後のセクシータイムは、より気持ち良いものに、、♡

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

「潮」について。その1

2020/04/21 長瀬 城

「潮」について。その1

 

女性の中には「潮をが出やすいから恥ずかしい、、」という方も少なくないかと思います。

まず! 全く気にしないで下さい☆

 

体質は人によって違い、潮は全く悪いことではありません。

また、潮を吹いたからって引く男性もいないと思います。

 

「潮ってなんなの?」という疑問に関しては、また「その2」で詳しく書こうと思いますが、

いろいろ説がある中で有力なのは「おしっこのきょうだい」と言ったところでしょうか。

そう言うと、また恥ずかしくなっちゃいますかね。笑

でも、汚いものではないとされているので、ご安心ください。

 

かといって、多くの女性にとっては、別に気持ち良いものでもないかとも思います。(好きな女性もいます。)

また、快感と直結しているわけでもないようです。

中を刺激されて気持ち良くなっている時に起こるので、オーガズムと勘違いしている人もいるようですが、「気持ち良いから出る」というものでもありません。

 

逆に潮を我慢してしまうことによって、快感が抑制されることもあります。

おしっこのような感覚に見舞われますが、思い切って解放した方が、その先の快感に辿り着けることも少なくありません。

 

男性の中では「彼女に潮吹かしてやったぜ!」と、自分にテクニックがあって気持ちよくさせたしるしのような風潮もありますが、それも少し違います。

単純に、体の反応として出るものなので、良いものでも悪いものでもありません。

 

「出ている時がおしっこのようで恥ずかしい」。

いたって自然なことなので大丈夫です。単純に体の反応です。

 

「シーツが濡れてしまい申し訳ない」。

ラブホテルであれば想定済みなので大丈夫ですし、自宅やシティホテルならしっかりとタオルを敷きます。

そもそも、潮でなくとも、貴女の液や僕の唾液でかなり濡れます。笑

 

「その1」では

「潮は自然なことで、恥ずかしくないもの。」

「我慢せず解放した方が良い。」

「快感と直結しているわけではない。」

ということを知ってください。

 

「その2」へ続きます。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

敬語・タメ語問題

2020/04/20 長瀬 城

敬語・タメ語問題。

 

「問題」というほどではないのですが、

お客様との「敬語」か「タメ語」かは、シンプルであり、かつ繊細でもあると思っています。

(タメ語という言葉は好きではないのですが、他にポピュラーな言い方が無いので、ここではそう使わせて頂きます。)

 

女風のサービスは最終的に深い関係になるので、どちらかというとタメ語が良いという女性の方が、おそらく多いのではないかと思います。

とは言え、そのタイミングや程度はお客様によって違います。

 

これはお客様だけでなく、普段の人間関係でも同じで、

相手が一番心地良い程度を察して柔軟に対応していくのは、コミュニケーションにおいて大切なことです。

 

僕は、もちろんはじめは敬語で接し、「タメ語で」と言われた時のみそうしています。

お客様から言いにくそうだった場合は、こちらがから聞くこともあります。

はじめからタメ語なんていうのは、もってのほかです。 

 

特に僕と同世代か年下のお客様は、こちらが敬語だと不自然で壁ができてしまうという方もいると思いますし、

僕より年上の方でも、フランクに来て欲しいという方は多いです。

 

でも逆に、「いきなりタメ口はちょっと、、」という方もおられますし、

ある程度の距離感を保ちたい方や、丁寧さを保ちたい方など、ずっと敬語の方も多く、

こちらが話す場合も、お客様が話される場合も、

僕は「敬語」「タメ語」どちらもありだと思っています。

混ざって中間くらいも心地が良かったりします。

 

そして実は、その話し方がこれまた良い効果を生み出すことがあります。

 

徐々に崩していくことで心の距離が近づいていくということがあったり、

また逆に、敬語のままエロいことをするのも興奮します。

ベッドの際、佳境に入るところでタメ語に切り替えたり、呼び捨てになったりするのも、

なかなか良かったりも、、♡

 

「親しき仲にも礼儀あり」

どのような話し方でも、謙虚・丁寧さは忘れ無いように心がけています。

 

ただ、どれがお客様にとって心地よいかは、言って頂いた方がわかりやすいので、

是非お気軽に伝えて下さい☆

 

より良い関係性で、エッチなことに没頭できれば♡

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

好評配信中!

2020/04/18 長瀬 城

[城のお絵描き]1枚目 好評配信中!

 

またまた新しいシリーズがスタートしました!

 

絵を描くのは元々好きだったのですが、

ちゃんと書いたのは15年ぶりくらいでしょうか。

 

人や動物を描くのは苦手ですが、このようなイラストは得意です!

 

とは言え、この1枚目は実は自分ではあまり満足しておりません。

「ワテの実力はこんなもんじゃないんや!」

少々、腕が鈍っていたようです、、

 

ありがたいことに、反響を頂けたので、

定期的にアップしていこうと思っています☆

 

繊細な手つき?で、テクニシャンを想像して下さい♡笑

 

動画はこちら。(長瀬 城Twitter)

↓↓

[城のおえかき] 1枚目

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

体を温めろ!

2020/04/15 長瀬 城

「気持ち良くなりたきゃ、体を温めろ!」

少しオラついてみた。笑

 

これは基本中の基本だ。

「私、イッたことがないの」という女性に冷え性の方は多い。

体が温まっていた方が、確実に快感を得やすい。

 

超単純な話しで、

めっちゃ寒い日に手袋をせずに雪を触りまくったら、手の感覚が無くなる。

一昔前のヤンチャくんたちは、氷で耳たぶを冷やして、ピアスの穴をを開けた。

 

「冷え」は感覚を鈍らせるのだ。

だから、エッチなことで気持ち良くなりたければ、その前に必ず体を温めないといけない。

 

その為僕たちは、部屋の温度はとても気にする。

少し暑いかも、くらいが実はよかったりする。

 

あと僕は、ホテルの部屋に入ると、まず湯船にお湯を溜め始める。

シャワーを浴びる際に、数分でも湯船に浸かってもらい、体を温めてもらいたいのだ。

同時に、心も少しリラックス出来るだろう。

 

上記の通りこれは「イク」ことにも大きく関わってくるが、

普段のセックスやオナニーの時はほとんどの人(特に男性)はそこを意識しないので 、

しっかりと段階を踏むことによって、「意外とイケた」という方は沢山いる。

 

もちろん、僕が抱きしめて貴女をさらに熱くする。

(と、恥ずかしいことも言っておこう。笑)

 

今後は、エッチなことをする前に、一度体を温めてから行ってみてほしい。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

特殊?。

2020/04/14 長瀬 城

女性によって、感じる部位や触り方や強さは「本当に人それぞれ」と、常々言ってはいるが、

ある程度のセオリーとパターンはある。  

 

僕は自分の中のセオリーを軸に、相手の体質や好みや体調によって、いろいろと組み合わせたり足したり引いたりするのだが、

中には全くセオリーに当てはまらない女性も決して少なくはない。   

 

「特殊」と言うと少し語弊があるが、少し「珍しい」とは言えるかもしれない。

 

ほんの一例に過ぎないが、

例えば、クリトリスをおもいっきり上からギューっと押さえつけるのが気持ちよかったり、

もっと上の骨をコリコリするのが気持ちよかったり。

クリトリスの「左斜め下」などと限定的だったり。  

 

ちなみそれらは、全くおかしいことではない。

特に女性は気にされるかもしれないが、多かれ少なかれ人によって違うのは当たり前だ。

性に関することや体のことは、「これが正しい」というものはない。  

 

こちらは、ある程度カウンセリングをさせて頂いた後、いろいろと試して反応を見ながら、より気持ち良くなってもらえるように探っていくが、

時には、まさかと思うような触り方や部位だったりもするので、

教えてもらわなければ試すことすらしなかったかもしれない。

なので、やっぱり「コミュニケーション」はとても重要だ。  

 

たとえ感じるポイントが珍しくなかったとしても、

強さや部位など口に出して言っていくれた方が探す時間もいらないし、より長く気持ち良くなってもらえるだろう。  

 

こちらも、言いやすい空気を作ることも意識しているし、こちらからも聞くようにしている。  

 

裸の関係。恥ずかしい気持ちは捨てて、 より快感を得られるよう、2人でコミュニケーションが取れればと思う。  

 

要は、とにかく貴女に気持ち良くなってもらえるように、最善を尽くしたいのだ。  

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

モザイク。

2020/04/13 長瀬 城

プロフィール写真にモザイクをかけることは、この業界ではポピュラーだし、

あまり気にせず当たり前のように思っていたが、

よく考えると、顔がわからない相手に会いに来て下さるというのは、本当に勇気のいることで、

改めて心から感謝している。

 

単純に「顔出し」か「顔出し無し」かの2パターンなので、

なんとなくのイメージで、顔がわからないセラピストに会う時の「不安の度合い」は、

顔がわかるセラピストに会う時の2倍くらいかなと漠然と思っていたのだが、

実際10倍、いやそれ以上だろう。

 

男女の性質の違いもあるとは思う。

 

男性はとどのつまり「射精」。興奮できる「顔」と「体」を求めがちだ。

女性は「体」の満足だけでなく、「心」も重視するので、男性に比べ、相手のルックスに求める比重は少ないのだろう。

 

とは言え、人間性は顔に大きく出るし、それぞれの好みもあるので、

やはり顔がわかっているというのは、セラピストを選ぶにあたってとても大きい。

 

だからこそ僕は、自分をなんとか伝えようと文章で表現するようにしている。

それでもやっぱり、顔のわからない僕に会いに来てくれるのはとても勇気がいることだと思うので、

会いに来てくださるお客様には本当に本当に感謝しているし、とても嬉しい。

(特に僕は、イケメンではないという触れ込みだし。笑)

 

見た目は変えようはないが、

顔がわからなくても、僕の人間性が伝わるように発信出来ればと思うし、

見た目関係なく、貴女に安心してもらえ、満足してもらえるような時間を提供できればと思う。

 

似ている芸能人など、また日記に書こうかな。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

セックスレス。その2

2020/04/09 長瀬 城

「セックスレス。その1」では、

「女性側はしたいけど、男性側にその気がない」パターンを書いたが、

今回はその逆「旦那(彼氏)とはしたくないわ!」というケースだ。

 

「もう、旦那(彼氏)に気持ちがない。」

「相性が合わない。痛い。」

「無下に扱われるから。」

などの理由で、男性側にその欲求があっても、女性側が拒否してしまうケースも少なくない。

 

正直言うと、夫婦の営みはある程度はあった方が、体も心も健康になるとは思うが、それは気持ちがあってのこと。

関係性的に、もう気持ちが入らないのであれば仕方がない。

 

男性に欲求があって奥様(彼女)と出来ない場合、当然お店を利用する可能性も考えられる。

浮気や風俗利用の価値観はそれぞれだろうが、男女問わず性的な欲求の解消は、絶対に必要になってくる。

 

これまたぶっちゃけると、男子は結構自分で解消できる。

男性の性欲の意識のほとんどは「射精」だからだ。

 

女性も身体的快楽はある程度自身で得ることはできるだろうが、半分は「心の快感」だと思っているので、異性との関わりは、男性より必要なのではと考えている。

 

セラピスト的に言うと、そんな場合の女風利用は有意義だと思うし、実際にそのようなお客様も多い。

 

「相性が合わない。痛い。無下に扱われる。」などに関しては、男性側の配慮で改善する。

 

相性が合わないと考えているケースのほとんどは、しっかりとした手順を踏んでいない場合が多いと思う。

これも少し気持ち的な面は関わるが、前戯の前戯(ムードや会話)、そしてしっかりとした前戯を踏むと、心と体の相性は合っていく。

お客様でも、1度目お会いした際はなかなか感じなかったが、回数を重ねるうちに感じられるようになっていく方はとても多い。

それは、体と心の相性が徐々に合っていってるのだ。

 

一般的なセックスは男性のペースで進んでいくことがほとんどなので、女性が満足できないことは多いが、男性がそれを意識して女性に寄り添えば解決することはあると思う。

 

「相性での痛い」は上記の通りだが、「技術的な痛い」は完全に男性の技術と知識不足だ。

日本の性教育は、セックス時の技術やプレイ内容については教えてくれない。

日本人男子がAVのようなセックスをしてしまうのは、いたしかたないのかもしれない。

 

でも、上記も全くもって改善の余地はある。

続きは「セックスレス。その3」にて後日記載しようと思う。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

新シリーズスタート!

2020/04/06 長瀬 城

新シリーズ [城のSexyタッチ] がスタートしました!

 

以前のタシット企画「お豆腐対決」では、

皆様のおかげで優勝をさせて頂き、テクニシャンの座を死守した私。

 

ご好評につき、シリーズ化決定!

本日、[Vol.2]を長瀬城Twitterにて公開しました。(リンクは下記。)

 

今後も続々とアップしていければと思っています。

 

着々と撮影は進んでおりますが、

僕のアイデアだけだと限りがあるので、

皆様からもリクエストを頂ければ嬉しいです☆

 

「これを触って欲しい」

「こういう感じでいじって欲しい」

など、素敵なアイデアがあれば採用させて頂きます☆(食べ物に限りません。)

 

お気軽に、コメントにてお待ちしております。(お恥ずかしい方はDMでも。)

 

このような状況ですが、セラピストの仕事はひとときの楽しみを提供すること。

1分だけでも、「しょ〜もね〜」とか、「エロ〜」とか、「へ〜」などと感じて頂ければ本望です。

 

セクシーにタッチしていくで〜!

 

動画はこちら。(長瀬 城Twitter)

↓↓

[城のSexyタッチ]Vol.2

[城のSexyタッチ]Vol.1(お豆腐対決)

 

※撮影後は美味しく頂いております。

※リクエスト全てには、お応え出来ない場合がございます。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

クンニ用シート。その2

2020/03/27 長瀬 城

先日、クンニ用のラテックスシートの紹介をさせて頂いたが、

今回は、コンドームからそのシートを作る方法。

 

正規品にしろ、お手製にしろ、ラテックスのシートということは同じなので、正しく作成できれば問題なのだが、その注意点なども書いていこうと思う。

 

単純に、図のようにコンドームをカットして、四角い膜を作り、広げて女性器にあて、その上からクンニをする。

 

ただし作成の際には、まずしっかりと手を洗っておくこと。

デリケートな女性器に触れるものなので、使用するハサミも除菌しておく必要がある。

そして、切ってその場で使うというシチュエーションはなかなかないと思うので、

出来上がったものは、綺麗な少し濡らしたタオルで包んでおくか、綺麗なお皿などでもよいだろう。

ラップと同じで、切る際もしくは切った後、シートが重なったりすると、グチャグチャっと引っ付いてしまうので、それも注意が必要だ。

 

さて、ここまで書きはしたが、カップルなどでここまでして粘膜接触を避けながらクンニをしようという人はいないかもしれない。笑

 

しかし、女性向け風俗の場合は使う時があるかもしれないし、セラピストもお客様も、知っていて損はない。

僕も実際に試してみて、使用感は悪くなかった。

作成にはなかなか手間がかかるが、正規品であれば、コンドーム同様パッケージから出すだけなので楽チンでムードも壊れない。

 

「粘膜接触を避けたい」とおっしゃるお客様は少なくない。

シートを使ってでもクンニを、というお客様も多くはないが、粘膜接触なしで女風を利用する機会が何度かあれば、たまにお試しでやってみるのも良いとは思う。

意外に「ありかも、、」という女性もいるのではないだろうか。

 

以上。少し珍しい「クンニ用シート」のお話しでした。

 

※使用ご希望の場合は、事前にお伝えください。

※感染症を100%防ぐというものではありません。

※ラテックスアレルギーの方はお控えください。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

クンニ用シート。その1

2020/03/25 長瀬 城

「女性用向け風俗を利用したいけど、粘膜接触はちょっと、、」

という女性は少なくない。

 

理由は様々だ。

感染症予防、男性経験がなく徐々に慣れていきたいから、単純にあまり好きじゃない。

 

それでも、男性との性的な関わりを求めてご利用頂く方も多い。

 

女風における粘膜接触を大まかにあげると、

「キス」「クンニ」「フェラチオ」だ。

キスは、気持ち的にも避けたいという方は稀におられる。

フェラチオはご希望がなければ無理にしなくていい。

「全身リップ」に関しては、粘膜同士の接触でないため、感染症などは大丈夫だ。

 

「手マン」はメインの流れの一つだが、

粘膜接触でないため、ご希望される方は多く、慎重な方には「フィンドム」も用意している。

 

さて、「クンニ」は好きだけど粘膜接触を避けたい、という方にこんなアイテムがある。

正式な名前はないようだが、「オーラルセックス用シート」と言ったところか。

「オーラセックス膜」なんていう名前で、通販などで売られている。

 

コンドームのような素材、ラテックス製の薄い1枚の膜で、大きさは女性器が隠れるくらい。

これを女性器に当てがい、その上から男性が舐める。

 

少し滑稽で変な感じもするが、実際使用感は悪くない。

舌先の細かな感触や潤いは感じられないまでも、舌の柔らかさや温度が感じられ、これで十分も気持ち良いという女性はいる。

わりと敏感な方にとっては問題ないと思う。

 

こちらはオーラルセックス用の正規品だが、

「デンタルダム」という、歯科医用のラテックスのシートが用いられることも多いようで、

そちらは薬局で入手できることもあるよう。

 

どちらも手に入り易くはないので、コンドームを切って使用する方法もあり、その方法は後日書こうと思う。

 

利用する人は少ないので、そこまでポピュラーではないが、気になるかたはありかもしれない。

 

※使用ご希望の場合は、事前にお伝えください。

※感染症を100%防ぐというものではありません。

※ラテックスアレルギーの方はお控えください。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

セックスレス。その1

2020/03/24 長瀬 城

僕らのサービスをご利用下さる女性の中には、

夫婦間・カップル間の「セックスレス」でお悩みの方も多い。

 

まず声を大にして言いたいのは、

「貴女は何も悪くない」ということだ。

 

一口に「セックスレス」と言っても、実は様々なパターンがある。

 

なので、何度かに分けて書いていこうと思うが、

その一つが、

「女性側はしたいけど、男性側にその気がない」という状況。

 

この場合、女性は「自分に原因があるのでは、、」と考えてしまい、自信が無くなってしまうことも。

でも、そんなことはないので、どうか自信を無くさないで欲しい。

 

一般的には、男性の性欲は歳を重ねるごとに減衰し、逆に女性は性欲が上がっていくと言われている。

もう、この一行だけで納得してもらってもいいくらいだ。

 

動物的に、男性にその気がなくなっていくのは自然なことで、なにも、貴女に魅力がなくなった訳ではないのだ。

欲があることはいたって健康的なことで自然なことなので、気負いしなくていいと思う。

 

個人的には、長年連れ添ったパートナーに対して、今もそのような気持ちになれることが、まず素敵だなと感じる。

 

しかしセックスレスによって、夫婦間がギクシャクしたり、女性にストレスが溜まっていくこともあるだろう。

 

かと言って、セックスフレンドを作るのも危険を伴うし、第一そんなに簡単にはできない。

(おこがましくもプロとして言うと、よいセックスが出来る男性も多くはない。)

 

「1122(いい夫婦)」という漫画があるらしい。

その中では、セックスレスの夫婦がお互い公認で、奥さんは女性用風俗を利用するお話しがあるようだ。

 

さすがに少数派ではあるがお客様の中にも、女性向け風俗ならOKという旦那様や彼氏もおられる。

まず本番はないし、お金を払ってプロの施術を受けることは、浮気や不倫には入らないという考えもありだ。

 

そして、完全にとは言わないまでも、かなりの性欲の解消にはなるだろう。

気持ち良くなること以外に、異性の肌に触れることも、人間にとっては必要。

 

実際に利用し始めて、

「相手に性的なことを求めなくなったので、夫婦間の関係性が良くなった」

「ストレスがなくなり、家族内の雰囲気も良くなった」

などの声は、本当によく聞く。

 

シンプルに「性欲の解消」。そんなご利用のしかたも、非常にオススメだ。

 

「セックスレス」に関しては、今後も日記に書いていこうと思う。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

女風の楽しみ方。その4

2020/03/22 長瀬 城

どうせ利用するなら、めいっぱい楽しみたい!

どんなサービスでもそう思うだろう。

 

しかし女風という少し特殊なサービスゆえに、

不完全燃焼や、期待通りにいかなかったこともあるかもしれない。

 

もちろんそれらは僕らセラピストの力量不足だが、

お客様の心持ちでもその満足度は少し変わってくると思っている。

 

今まで3度書いてきた「女風の楽しみ方」シリーズ。

内容は多少重複する部分もあるが、

今回のメインは「積極的になる」「性にオープンになる」というところだ。

 

これはなにも、お客様もベッドの上でセラピストを責めてみるべし!ということではない。

簡単にいうと「楽しむで〜!」という姿勢だ。

 

やはり、男性との密室での情事は緊張も大きいと思う。

初めてのご利用や、初めてのセラピストならなおさらだ。

 

そこで萎縮してしまったり、なかなか本当にしたいことが言えないのは、非常に良くわかる。

 

また、「性に貪欲な女と思われないかしら、、」などの考えも働くだろう。

 

でも、この際なので、思い切ってしたいことを全部言って、全部やっちゃえば良いと思う。

セラピストは、ちょっとやそっとのご要望では引きはしないし、

このようなサービスなので、性に貪欲でこそ、こちらもより気持ちが入る。

 

性を楽しんでいる女性は、性にオープンで欲に正直な人だと思う。

そしてそのような女性は、総じて人生も楽しんでいるように感じる。

 

また、出来るセラピストは意識的、もしくは無意識的に「ミラーリング効果」も少なからず用いている。

話し方のスピードやトーン、所作や感覚などを相手に合わせることで、

相手に心地よい印象を与えるという効果だ。

 

ということは、貴女が性に積極的になってくれれば、

セラピストもより前のめりで楽しませてくれるということだ。

 

僕も常に相手にとってどのような雰囲気が心地良いかは考えているし、

それはベッドの上でのプレイにも自然と繁栄されていると思う。

 

ぶっちゃけて言うと、

やっぱり性に積極的な方のほうが、こちらもよりノッてきて、

お互いの相乗効果で、より濃密な時間になっていると思う。

 

もっと具体的に一つ例を出すと、

キスをする際、ただただ身を任せ「キスされている」のではなく、

自身からも積極的にハグなどもしながら、

二人で「キスしている」という状態の方が、ラブラブ感・熱々感が増す。

(「される」というちょっとMなプレイや、何もせず「お任せ」なども、もちろんあり。)

 

お笑い芸人さんがよく言う、お客さんが「楽しむで〜!」という姿勢ならよりノッてきて饒舌になる、というのと一緒だ。

 

少し奥手になってしまう気持ちは良く分かるが、

その時間だけは自分に正直に、オープンになっても良いのではないだろうか。

 

こちらも貴女に解放的になってもらうための空間作りができればと思う。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

封筒と財布。

2020/03/21 長瀬 城

お客様の中には、

お代金を封筒に入れて下さる方もおられる。

 

もちろん現金そのままでも全然構わないし、普通の封筒でも嬉しい。

中には柄や色つきの可愛い封筒で下さる方もいて、ホッコリする。

 

今まで頂いた封筒は、全て残してある。

もちろん、それぞれどなたに頂いたかもわかるように。

 

お代金を頂いた際は、

目の前で確認し、頂いた封筒のまま持ち帰らせて頂く。

 

では、現金をそのまま頂いた場合はどうしよう、

と、セラピストになってしばらくした時に考え、

この可愛い和財布を使うことにした。

 

さすがに、自身の普段使っている財布でやりとりするのはよろしくない。

何が悪いという明確な理由は確かにないが、

お客様から頂いたお代金をそのまま自分の財布に入れるのは、

どこか生々しく、現実感が出てしまう気がする。

 

お金を頂いて提供するサービスなので、

もちろんやりとりをするタイミングはあるのだが、

出来るだけ素敵な時間を壊さない方法で行いたい。

 

とは言え、その方が人生の時間を使って得られた大切なお金。

しっかりと心から感謝し、お礼を伝え受け取るようにしている。

 

そこをムードを壊さず、かつしっかりと行うのも、プロの力量かと思っている。

 

この財布、なかなかかわええやろ?笑

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE 

 

1 14 15 16 19

FAQよくあるご質問

TaCIT  Read More

Voiceお客様の声

TaCIT  Read More

Reservationご予約について

Recruitセラピスト募集

TaCIT  Read More

Mediaメディア掲載

TaCIT  Read More
ご予約 予約方法