女性器への理解。その1

「女性器は臓器である」。

最近では、少しポピュラーになってきた事実だが、

まだまだ、それを認知し正しい知識を身につけている男性は少ない。

 

僕たち男は、女性の内臓を触っている。

気持ち良くなってもらいたいという思いもあるだろうが、気持ち良くさせている自分に酔っている男も多い。

というか、一般の男性の半分以上はそうであろう。 自己満というやつだ。

 

そして半分以上の女性が、気持ち良くないもしくは不快感や痛みを感じつつも、

相手を気遣い何も言わずにいる。

 

女性器は、表面に見える部分の「外性器」と、子宮や卵巣そして膣などの「内性器」に分かれる。

主に僕たちは「クリトリス」など外性器と、内性器である「膣」の部分を刺激するのだが、

特に膣の部分は、分泌物や血液を体外に排出したり、精液を子宮に運んだり、

産道として赤ちゃんの通り道であったり、また子宮や卵巣を雑菌から守ったりと、沢山の役割があるまさに臓器で、

ただ他の臓器とは違い、触る事が出来る特殊な部位。

その為傷つきやすく、またホルモンの影響を受けやすいものすごくデリケートな場所。

 

そんな大切な女性器を、男の強い力で、ケアをしていない指で、乱暴に触るなんて、よく考えると全くもってあり得ない行動だ。

 

かく言う僕も若い頃は何も考えず、ろくに知識や技術も身につけず、爪や指のケアもおろそかに、ただ指を激しく出し入れするだけの最低男だった。

相手は何も言わず、長時間の僕の自己満に、演技も交え我慢してくれていた。

という事が今になってわかり、自身の愚かさを悔い猛省している。

 

特に彼氏や好きな人の場合は、嫌われたくないという思いから。

性風俗店で働かれている女性は、お客様だから。

そもそも、男の方が女性より力が強く、歯向かえないというのも大きい。

 

僕たち男は、女性の体について正しい知識を身に付け、

愛情や敬意はもちろん細心の注意をはらい、女性と接し女性器に触れるべきである。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE