奥、もっと気持ちよく。

「奥が一番感じるわ♡」という女性は少なくありません。

僕も奥を指で愛撫するのは好きです。

 

手マ◯の際、基本的には普通に女性が寝転んだ体勢で行うと思うのですが、

角度を工夫することで、人によってはより気持ち良くなれることもあります。

 

まずは、「腰の下にまくら(クッション)を敷いてみる」!

これは結構有名ですよね。

こうすることにより、「奥の上側」を刺激しやすくなります。

「Gスポット」も、膣内の形に角度がある女性は、これでさらにポイントを抑えやすくなったりもします。

セックスで正常位の際に女性の足を上に上げると、角度がついてより気持ち良かったりもしますよね。(三角座りの体勢や、そこから足を伸ばした状態など。)

 

奥の上側を優しくゆーっくりと、グイっ、、、グイっ、、、と押す感じもいいかもしれませんし、

指の可動域を少し広めで、膣内全体を揺らすようにグワン、グワン、と動かすのも効果的。

 

この体勢だと、女性は自分で腰を上げなくていいので楽ですし、男性的にも容易に奥の上側を刺激できるようになります。

 

次はちょっとイレギュラー。「座ってみる」!

要は騎乗位のような体勢になり、女性が少し体重をかけることにより下から突き上がる形で、より奥に指が入ります。

手マ◯中におもむろに起き上がると、男性も「おっ♡」っとなるかも。

 

この体勢の良いところは、そのままキスをしたり、胸を舐めたり出来るところ。

通常の手マ◯の体勢より顔や体が近くなるので、安心感もあります。

セラピストの様子が見えるのもまたエロいですし、逆にいたずらしちゃうのもありかもしれません。

 

膣の奥を下から軽く突くように、クンっ、クンっ、と刺激してみてもいいですし、

もはや女性が腰を動かしちゃってもエロくて、気持ちも良いかもしれませんね。

 

これは男性的には少し難しいので、お互いのちょうど良いところを探ってみてください。

 

一口に手マ◯と言っても、様々あるテクニックだけじゃなく、

体勢の違いにバリエーションを加えることで、新しい快感が見つかることもあります。

 

是非色々試してみて下さいね♡ ← (一緒に試してみましょう♡笑)

 

いやはや、人物のイラストを描くのは苦手なんです、、笑

とあるセクシーな参考書をお手本にしながら描いてみましたが、二枚目は女性慣れしていない男の子にも見えるような、、笑

イラストの女性の髪質も気になりますな。笑 練習練習、、。

 

※奥への刺激は、感じない方や、テクニック的に多少難しい部分、またとてもデリケートな箇所でもあるので、十分にコミュニケーションをとりながら、細心の注意をはらい行うことを心がけています。

※膣内は一般的に「Gスポット(入り口側)「ポルチオ(奥)」と呼ばれていますが、諸説あるようです。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE