型。

デビューして数ヶ月。

どのようにすればお客様に喜んで頂けるだろう、と模索しながら一生懸命に取り組んできたが、

少し、自身の「型」の様なものが出来てきた。

 

愛、奉仕、ホスピタリティは大前提に、

お教え頂いたこと、自身の経験、お客様の反応、全てを踏まえてのもの。

 

お会いしてから、ホテルへ入り、ベットでのセクシーな時間、そしてお別れまで、そのある程度の流れだ。

 

「型」は絶対に必要で、レールがないと目的地へは到達しない。

しかし、

その目的はお客様によって様々。そもそも、お客様自体が十人十色だ。

タイプやパターンなどない。 同じお客様でも、日によって状態は違う。

 

なので型や流れといっても、まさに「ある程度」。

それをお客様に合わせて、どう崩していくか、どう柔軟に変化させていくかが、セラピストの力量だ。

 

スポーツでも、しっかりした基礎ができた上で、その日の体調や風向きや相手によって、変化させ対応していく。

音楽でも、リズムやメロディが狂わないのは大前提で、観客の反応を見ながら、気持ちを入れオリジナリティを加えていく。

武道でも、ダンスでも同じだ。

 

と、偉そうに言っている、僕もまだまだ。

ここで満足せず、もっと勉強も経験も必要。

 

自身の型を常にバージョンアップさせていき、それをベースとして、お客様に合うようにお客様にご満足いただけるように、

自由自在に変化させていけるよう、まだまだ精進していこうと思う。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE