判断しない

こんにちは。
藍沢優作です。

 

僕は説教されることが嫌いです。
誰だってそうですよね。

 

説教するということは、その人なりに正しいと思う考えがあって、誰かの言動がその人の考える正しさから逸れるから説教する、ということだと思います。

 

ある行為が良いことなのか悪いことなのか、僕はその正しさの基準というものを持ち合わせていません。

 

つまり人生なんでもありです。

 

例えば不倫。
悪いと言う人が大半だと思いますが、僕には悪いことなのかわかりません。
良いことなのかもわかりません。

判断できないんです。
判断する為の基準がないんです。
だから何の感情も抱きません。
面白いなあ、へぇー、とかは思いますけど。

 

もちろん、法律的にはアウトかもしれません。

でもその法律を作ったのは所詮どこかの誰かであって、その法律自体が正しいものかどうかなんて誰に言えますか?

 

 

もっと極端な例を出します。

殺人は悪でしょうか?
絶対悪の代表みたいに考えられていますが、よく考えてみてください。

 

もちろん殺された人の周りの人は悲しみます。そう考えると非道なことです。

 

でも、殺人が良しとされていた自体や地域もありますよね?
戦争がわかりやすいです。
沢山殺人を犯した英雄だっています。

 

誰かや何かの為に正しいと思って殺す事、絶対に悪だと言えるでしょうか。

 

人間にとって脅威となるイノシシを殺すのは良いことで、同じく脅威となるからといって人間を殺すのは悪いこと?

 

僕はそれは誰にも判断できないことだと思います。

 

つまり、人の行動を判断することは誰にもできないし、誰にもその権利はありません。

 

もっと言えば、自分自身の行動ですら正しい判断なんてできません。
正しい判断というもの自体が存在しないんです。

 

 

だから僕は、他人の言動に対してもちろん説教もしなければ、アドバイスもしません。
しろと言われても、それで良いんじゃん?しか言えないです。

 

アドバイスしている自分を客観的に見て、何良い気になってんの、って思うので。

 

でも、というよりだからこそ?カウンセリングというものをいつか受けてみたいです。

画像:pixabay