元バーテンダーの感じる感謝の気持ち

 

 

先日、久々にカクテルが作りたくなって

シェーカーを新調しました!

(自室の映り込みが半端なかったので

加工入れました笑)

私の前職はバーテンダー。

上京してすぐに

飲み屋の男として働き始めました。

4年間程、

東京の夜の歓楽街で働く中で

本当にたくさんの事を学ばせて頂きました。

深夜1:30AMを回る頃、

落ち着いた雰囲気のバーが一変。

天国のようでもあり地獄のようでもある

本当にアクの強い時間帯。

「いやっしゃいませ〜!」

と同時タイミングくらいで

思いっきりビンタされたり(原因不明)

テーブルチャージの概念がない

ガタイのいい海外旅行者が

急に激怒しながら胸ぐらを掴んできたり。

「これイッキしろ」はい!

「そこで全裸になれ」はい!

「なんかオモロイ事しろ」はい!

スベるおもんねえなお前!すみません!

そんな事が日常茶飯事だったような

そうではなかったような

くらいにしておきますが。笑

お客様やお店の雰囲気が楽しい感じになるなら、なんでもやるのが当たり前という空気でしたし、

その期待に応えたく必死にやってました。

思い返せば

すごい楽しかったんですけどね。

落ち着いた時間はしっかりしたバー?

でしたし、全体的にいいお客様ばかりでした。

あるラインの節度の中で、

無茶振りして頂いていたり

楽しくやらせて頂きました、

いずれにせよ、

基本的に激しかったんです!!!!!

何が言いたいかと言うと、、

『この仕事でお会いするお客様の皆様が

本当に、女神様にしか見えないという事です。』

いつも優しく

こちらの事も立てて接して下さり

本当にありがとうございます!!!(*´-`)