会っている時の自分が好き

 

こんばんは!
TaCITの朝比奈です(^^)

今日も常設の質問箱へ頂いていたご質問へ
回答させて頂きます☆

—————————-
◇セラピストのお仕事をされてて1番やり甲斐があるな、セラピストのお仕事をしてて良かったなと感じる時はどんな時ですか?
—————————-

→ご質問頂きありがとうございます(^^)
かなり前に頂いていたにも関わらず
大変お返事が遅くなってしまいました、、
すみません(T ^ T)

素敵なご質問をありがとうございます☆

セラピストをしていて1番やり甲斐があるなと感じる瞬間ですね。
本当にお客様に喜んで頂いたり感謝をされたとき、それに尽きますね(^^)

特に、

《駿くんと会っている時の自分が好き》

《駿くんと会って、物事を少し前向きに捉えることが出来るようになった》

そんな風に。

「お客様の人生に少しばかりのプラスの変化を生じさせることができたのか?」
そう思わせてくださるお言葉を頂いたときは本当に嬉しいです(*´-`)

.
.
.
いい時間だったか、良くない時間だったか、
全て受け取り手の気持ちに依存しますよね。

自分ばかりがいくら綺麗事を並べていても、結局は受け取ったお客様の気持ちへ全て委ねられる。

1年半以上このお仕事に携るなか、
ご満足いくものを提供出来なかった時は確実にあると思います。

いつもお優しい貴女様は、こちらを気遣い足りない点を心の奥の方に閉じ込めてしまうこともあったのであろう。。

言葉がないにせよ、雰囲気で直感で
ご満足頂けなかったことを感じた時には深く反省する。

失敗も成功(?)体験もお客様から学ばせて頂く。
本当にやりがいを感じるお仕事だなとつくづく感じます。