一緒にイこう?

エッチな漫画などでよく「一緒にイこう♡」などというセリフを目にする。

それに習ってか、一般男性にもセックスの際にそれを言う人は多いようだ。

 

いよいよクライマックスという時に、興奮してそう言ってしまうのもわからなくもないが、

「いや、難しいやろ〜、、」と思う。

 

女性の「イク」は男性ほど単純ではないし、シンプルな動きや、短時間で簡単にイケるものでもないことは、セラピストの経験からよくわかっている。

 

女性は優しいのでそんな言葉をかけられた時は、一緒にイッた演技をしてくれていることも多いと思う。

それでまた男性は勘違いして「イかせたぜ!」と思うのかもしれない。(僕も身に覚えあり?笑)

 

でももし一緒にイケたら、その後の空間は幸せなものになりそう☆

 

もしかすると、それは男性が気を使うことで可能になるかもしれない。

女性より男性の方が、イクことは多少コントロールしやすいと思う。

射精という明確なゴールがあるからだ。

 

なので、男性は女性がイキやすいポイントをイキやすい動きで続け、女性の絶頂を感じ取り、そのタイミングで自身もイク。

というのはベターな方法ではないだろうか。(正直、簡単ではないけど。笑)

 

もちろん動きのテクニックや、射精コントロールも必要だし、

女性が相手のお◯んちんでいけるかどうかは形の相性も重要で、また、女性の快感を最大限まで上げるには、それまでの持って行き方(もっと言うと、メールやデートの段階から)も肝心。

 

必ずしも女性のゴールはイクことではないけれど、一緒にイッた後のベッドでのイチャイチャを想像すると、なんか素敵ですよね。

一度、パートナーと話してみるのも良いかもしれません♡

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE