ワクワクと余韻。

「150分コースでお願いします。」

でも僕にとっては150分ではない。

 

その時間内で出し惜しみをせず、精一杯のパフォーマンスで尽くすのは当たり前だが、

実は、それで終わりでないことは、体験されたお客様はよくおわかりのことと思う。

 

映画でも舞台でも旅行でも、「余韻」というもがある。

それらが素晴らしい時間だった場合、終えた後もしばらく気分がいい。

 

時には、それが次の日のエネルギーとなったり、日々の活力になったりする。

好きな人とのデートなども、それに近いかもしれない。

 

加えて僕らのサービスは、身体的な気持ち良さもついてくる。

ゆっくりと温泉に浸かったような、いやそれ以上の余韻が身体に残り、帰り道も、ぽかぽかふわふわするだろう。

 

その日は気分良く、気持ちも良く眠りにつけるかもしれない。

 

お別れした後だけではなく、お会いする前もだ。

予約を入れて下さってから実際にお会いするまでの時間は、緊張や不安もあるとは思うが、ワクワクも大きいはず。

 

もっと言うと、女性用風俗を知った時から、調べている間、お店やセラピストを選んでいる時から、あなたの時間はもう始まっているのかもしれない。

 

そのワクワクを壊さないよう、また終わった後も日々のエネルギーになれるよう、

その場、その時間だけではない意識で、貴方との濃密な時間を過ごせればと思う。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE