モテてると思うなよ

こんばんは。

藍沢優作です。

 

セラピストでいるとついつい勘違いしてしまいそうになること。

 

俺ってモテるのかな。

 

 

正直そう思いかけてました。

全くお恥ずかしい。

 

 

確かに、セラピストとして、女性に選んでもらえているという事実は事実としてあります。

 

でも、それは決してモテていることではありません。

 

 

 

異性(に限らず恋愛対象)のことを良いと思う要素は、大きく分けて外見と内面の2つがあります。

 

人は見た目が9割というくらいですし、外見が大きな要素であることは確かですが、内面に魅力を感じなければ、異性に本当の意味では惹かれません。

 

 

ところが、自分の内面を相手に知ってもらう機会というのは、意外とありません。

 

学校や職場で、常に一緒にいるような相手であれば、ある程度内面を知ることはできますが、サシ飲みでもしなければ、その人の価値観などの深い内面まで知る機会はなかなかありません。

 

 

 

逆に、相手の内面を知れば知るほど、興味を持ったり魅力を感じる可能性は高くなります。

 

例えば、いつもチャラチャラ遊んでて、将来のことも何も考えて無さそうに見えてた人とたまたま2人で飲むことになり、話を聞いていたら、

実は将来のビジョンが明確にあって、1人の時にコツコツと仕事や勉強を頑張っているとわかったら、ちょっと素敵だなと思ってしまう。

みたいなこともありますよね?

 

 

 

 

 

ここまで言ったらもう皆さんお気づきかもしれませんが、この業界において、セラピストが日記を書いて、お客様がそれを読む。

 

それはまさに深く内面を知ってもらうということに他なりません。

 

 

それも、同じ職場にいるくらいのレベルではなく、2人でサシ飲みをして深い内面まで知ってもらっているというレベルです。

あくまで書く内容によりますが。

 

 

 

 

つまり、僕は打席に多く立てている(=内面を知って貰う機会が多い)だけだなと思うんです。

 

 

 

 

 

人が人に魅力を感じるポイントは様々です。

なので誰にでもモテる人なんていません。

 

だけど、魅力を感じてもらうには、まず自分の内面を知って貰わないと始まりません。

 

どんなに良い内面を持っていても、家に引きこもっていたら誰にも魅力を感じてはもらえません。

 

 

 

 

年に1人の異性としか会わない福山雅治みたいな人と、

年に365人の異性と会うアンガールの田中みたいな人。

どちらがモテるでしょうか。

 

もっと直接的な例えをするなら、どっちが多くヒットを打てるでしょうか。

 

 

今日は長くてわかりにくい文章だった気がします、伝わってたら嬉しいです。