フェラのタイプ。(続SMチェクシート)

セラピストとして「性」に関わっていると、様々な「性癖」を耳にします。

 

今年の夏に「SMチェックシート」というものを作り、日記に載せてみました。

その際はクンニを例に挙げて簡単に紹介。

 

一口にクンニと言っても、

女性が「舐められている」のか「舐めさせている」のか。

男性は「舐めてやっている」のか「舐めさせられている」のか。

少しややこしいですが、

同じ行動をしていても、心持ちや興奮ポイントが違い、

お互いの性質を理解すれば相性もわかってくる、というお話しでした。

 

今回はフェラを例に挙げて紹介してみたいと思います。

 

前回の記事はこちら!(少しややこしいので、じっくり読んでみてください。)

→[SMチェックシート]

 

フェラがお好きな女性も多いと思いますが、

その行為一つとっても、女性側の心持ちやスタイルは大きく違うようです。

 

多いのは「奉仕(舐めてあげる)」タイプ。

男性が気持ち良くなってくれているのが嬉しい、

感じている顔を見て満たされる、

というものですね。

これは単純に、プレゼントをあげるとの一緒で、

相手が喜ぶことで自分も満たされる、という自然な感情です。

 

これに近いのが「舐めさせられる」。

男性がSの場合にあるパターンですが、

これも、相手がやりたいプレイをして喜んでいるのが嬉しい、

という感情だと思います。

 

さっきと違うのは、

男性に気持ち良くなって欲しくて女性の方から自主的に行うのか、

男性が気持ち良くなりたいから半強制的にさせられるのか。

これはやっぱり、お互いがチェックシートのどのSかMかによって、

相性が良いか悪いかが決まってくると思います。

 

逆に女性がSのパターンで、

男性にいたずらするのが好きな方もいます。

気持ち良くなっている男性を見るのが好き、というところは変わらないかと思いますが、

ある程度女性側に主導権がある場合です。

 

あと意外と多いのが、

「苦しいのが快感」であるタイプ。

女性の中には、「首しめ」や「スパンキング」をされるのがお好きな方も少なくありませんが、

それに近い状態ですね。

 

例えば首しめには色々な種類の快感があって、

単純に身体的に血管が圧迫されて、頭がふわふわする気持ち良さ。

男性に支配されていることを感じる、精神的気持ち良さ。

また、擬似的に生と死の間を味わうことによる、生きている実感、などもあるかと思います。

喉の奥まで男性器を入れられ苦しい、という状態が快感である女性も少なくありません。

 

最後は「無下に扱われたい」タイプ。

これも、精神的なものに近いかと思いますが、

フェラをしている時に男性には、

スマホをいじっていたり、食事をしていて欲しい、

なんていう方も稀におられます。

 

これは正直どのような快感なのかは完全にはわかりませんが、

おそらく、いわゆる「ツンデレ」というのが含まれるのではと思っています。

無下に扱われた後に優しくしてもらえると、その振り幅が大きく、

その際に精神的快感を得られるのか。

もしくは無下に扱われることで、逆にそこに自分がいるということが浮き彫りになり、

先ほどの「生きている実感」というものも含まれるかもしれません。

 

、、、、と、

かなり入り組んだ難しい話しになってきたので、文章では限界がありそうです。笑

ただフェラと言っても、女性によって様々な心持ちがあるんですね!

 

これだけ書いておいてなんなのですが、

あまり深く考えず、ご自身の好きなスタイルで楽しまれるのが一番だと思います☆

 

ただ、クンニにしろフェラにしろセックスにしろ、

相手がいるものなので、その相性というものは重要。

 

以前のチェックシートをご参考に、相手とコミュニケーションをとりながら、

無理なく気持ち良く、セックスライフを楽しんで頂ければと思います。

 

ちなみに女性向け風俗の場合はオーダーメイド!

貴女の好きなプレイ、貴女のしてみたかったプレイを、

セラピストに相談してみるのもいかがでしょうか?

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE