フィンドム。その2

以前の日記で、フィンガーグローブ「フィンドム」について書いたが、その後数回使用する機会があったので、

今回は、その使用感についての感想を書かせて頂こうと思う。

(前回の記事「フィンドム。その1」)

 

少しおさらいすると、フィンドムは、主に男性の指による女性器への愛撫の際に使用し、

菌の侵入や、爪や肌荒れで女性器を傷つける恐れを防ぐ。

 

それだけでなく女性の自慰行為の際、ささくれ(さかむけ)があったりネイルで傷をつけてしまう心配も、またネイルが剥がれる心配も少なくなるそうだ。

 

これまで、何もつけずに施術を行い問題が起きたことはないが、心配されるお客様も少なくはないので、念には念をという方との際は使用させて頂く。

 

商品としては、国際規格をクリアした、信頼できるもの。 セラピストは一箱入手しておくと便利かと思う。

 

さて実際の使用感だが、思っていた以上に悪くなかった! 

お客様から使用のご要望があった場合は、

まず大切な流れのムードを壊さないように、途中で「つけますね。」などの確認はしないが、必ずつけるのでご安心下さい、

と前置きをして手の届くところに忍ばせておき、良きところで袋を開け装着。

 

男性器用のコンドームであれば装着に5〜10秒かかるが、手の指ということもあり、スルッとつけやすく2秒で装着完了。

袋も開けやすく、ムードも壊れない。

 

女性器に触れた際は、使用しない通常時の80%くらいの感触はあるので、普段の施術と、ほとんど遜色は無かった。

 

しかし、男性器用のコンドームには現在0.01mmなどの薄さもあるが、こちらの商品は0.06mmということで、

さすがに「つけてない感覚」というほどではなく、クリトリスの微妙な凹凸や中の肌感の細かな部分の感知は多少鈍る。

 

女性の中にはゴムの感じに少し違和感があったり、やっぱり何もつけないほうが温もりや愛を感じる、などの声もある。

 

とはいえ逆に安心感があるからこそ、何も気にせず快感に没頭できると言う方もいれば、

使用できるのなら、女風に一歩踏み出してみようかな、なんていう方もおられ、この仕事に一役買ってくれている。

 

こちらとしても、使用感には全く問題はないのでこれからも活躍の機会はあると思う。

 

僕たちはもちろん指のケアはしっかり行うが、それでももし菌や爪などの心配をされている方は、

こちらは不快には思わないので、失礼かもなどと考えず、気軽にフィンドム使用のご要望を伝えて欲しい。

 

貴女の体が一番大切。  安心安全に、快感に浸って欲しい。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE