バカ真面目

こんにちは。

クォーターセラピストの一ノ瀬です。

 

僕はいい意味でも、悪い意味でも

“バカ真面目”だと思っています。

 

全部本当のことを言ってしまう。

空気を読めないとかではなく

ちょっとした隠し事もできないといった感じです。

 

例えば、会社員時代

お住まいの相談をされると

 

「御社は〇〇に関して強いですか?」

 

と聞かれて、マニュアル通りだと

 

「〇〇に関しては当社が1番の性能を持っています」

「なぜなら…」

 

と言ったマニュアルがあったのですが

本当に思っていないことは言えないタチで

 

「〇〇に関しては〇〇会社さんの方が

ずっといいと思います。」

 

ただ、そう答えていました。

正直なことを言ってしまう病気です。

 

もし、本当にその”〇〇”を第一に考えている

のであれば、間違いなく他の会社のほうが

ずっと良かったですし、幸せになります。

 

もちろん、それで選んでいただけなかった

お客様もいらっしゃいましたが

それで良かったと思っています。

 

綺麗事だけではうまくいかない

世の中かもしれませんが

僕の中で、そこだけは譲れません。

 

なので、正直なことをお伝えします。

 

過去の日記にも書かせていただきましたが

僕は肩書きのイメージとは

乖離があると思います。

 

肩書だけみると「すごい!!」と

思っていただけることが多いですが

全くすごくありません。

至って普通の男の子です。

 

外見はモザイクがかかっていて

分からないかと思いますが

“モデル級の格好良さ!”ではなく

ちょっと格好いいくらいだと思っています。

(顔立ちはっきり好きの方にはオススメです)

 

コミュニケーション能力は

世の中で一般的に言われている

次から次へと面白いことばかり

マシンガントーク上手の

サークルの代表的な

コミュニケーション力はありません。

あまり大人数が得意でないです。

 

ただ、1対1でお話をするのは大好きで

お話を聞くことに関しては

偏差値60くらいはあると思います。

 

筋肉もまだまだです。

格好いいカラダを求めていらっしゃる方は

あと3ヶ月待ってください。

 

あと性感のテクニックはぼちぼち程度です。

もっとテクニックの高い人は多く存在します。

ただ、そこに負けないための努力は惜しみません。

いつか越えてやるとも思っています。

 

そんなところでしょうか。

自分を過大評価するのは

僕を呼んでみてガッカリされてしまう

ことにもつながると思うので

正直に、身の丈にあった発信に

全精力を注ぎたいと思います。

 

 

 

↓ 一ノ瀬孝の匿名質問箱 ↓

 

貴女とお会いできますこと、心より楽しみにしております。

一緒に過ごした時間が「素敵な記憶」になることを願って。

一ノ瀬 孝|Ko Ichinose

一ノ瀬孝Twitter タシット公式LINE