ナルシスト藍沢

こんばんは。
題名の通りの藍沢優作です。

 

中学くらいまでは生きてていいことは何もありませんでした。
ただ死ぬ勇気がないだけ。
今思い出しても戻りたいような記憶は1つもありません。

 

それが徐々に自分で自分を認められるようになってきて、いつからだかわかりませんが、今は自分のことが大好きです。

 

何か特定の出来事によってとっても落ち込むこと、怒ること、逃げたくなることは当然あります。
でも、おしなべて心は安定しています。

 

僕がどれだけ自分を好きか、一言で表すとこうです。

僕が女性だったら、僕と結婚したいです。

 

 

でも残念ながら彼は結婚(法律婚)は一生しないと心に決めています。

でも他の何らかの形では一生のパートナーという選択も除外してはいないようなので、望みはありそうです。

 

 

もちろん、自分が世界一いい男だなんて露程も思っていません。
白洲次郎、村上春樹、ジョニーデップ、ディカプリオ、憧れの男性は沢山います。

でも、生まれ変わったら誰になりたいかといえば、やっぱり自分なんです。

 

 

顔もとても気に入っています。
もうちょっと濃くても良かったかなとは思いますが、鏡を見て満足はできます。

 

スタイルは、できればあと身長3cm欲しかったですが、鏡を見て満足はできます。

 

そして何より、脳みそが好きです。
言い換えると、自分がこれまでしてきた選択、学んで来たこと、好きになったもの、全てです。
脳は人間の全てですから、結局全部ということですね。

 

 

「あの時こうしていれば良かった」はありません。
「こうしていてもまた面白かったかな」はあります。
自分のしてきた全ての選択が今の自分を作ってきたので、後悔などありません。

 

実は、こんなに自分を好きでいられる大きな要因の一つが、このセラピストというお仕事なんです。

 

 

始める前までは、どこか自分の人生に物足りなさがありました。
悪くはないけど、普通だなあ、刺激が足りないなあと言った感じ。

 

何かを抑え込んで生きている感じ。

 

それが、このお仕事のおかげで解放されました。
唯一足りなかった部分が目醒めた気がします。
そう思わせてくれた、会ってくれたお客様、関わってきた全ての人に感謝してます。

 

 

今後は僕はどんな人生を歩んで行くのでしょうか。
それを誰よりも楽しみにしているのは自分自身だと自信を持って言えます。

 

ここまで読んで下さった方が僕のことを嫌いになってしまっていないことを願います。