サスペンダーコーデ

こんばんは。
トリリンガルセラピストの藍沢優作です。

 

なんでこれをやろうと思ったんでしょうね。
自分でも全くわかりません。

 

僕はサスペンダーが好きです。
クラシックだからです。

 

でもコスプレ的にファッションとしてつけるのは違います。
機能的に必要な時に使うのならかっこいいと僕は思います。

 

また、股上の深いズボンにしか合いません。
股上が浅いと、サスペンダーで吊り上がってオケツが食い込んでしまいます。

股上の深いスラックスをサスペンダーで吊すと、スラックスがストンと落ち、とても綺麗なシルエットになります。

 

個人的なこだわりとして、サスペンダーで吊るされることを前提としていないズボンを、クリップで留めるタイプのサスペンダーで無理矢理留めることはしません。

サスペンダー用のズボンは、引っ掛ける用のボタンがついていて、サスペンダー自身も、クリップなどはついておらず、ボタンの穴があるだけです。

 

ちなみに、サスペンダーというのはアメリカ英語で、サスペンダーの本場英国では、ブレイシス(braces)と呼びます。
ブレイシスと言っている人がいたら、かなりの英国好きですね。

 

仕事柄私服は週末しか着られないので、仕事から帰って家で部屋着として私服を着ることもあるんですが、
ある日ブレイシスをしていたら、「これ裸でやってみたらどうなるんだろ」と急にひらめきました。

 

ちなみにお酒は一滴も飲んでません。