クンニ用シート。その2

先日、クンニ用のラテックスシートの紹介をさせて頂いたが、

今回は、コンドームからそのシートを作る方法。

 

正規品にしろ、お手製にしろ、ラテックスのシートということは同じなので、正しく作成できれば問題なのだが、その注意点なども書いていこうと思う。

 

単純に、図のようにコンドームをカットして、四角い膜を作り、広げて女性器にあて、その上からクンニをする。

 

ただし作成の際には、まずしっかりと手を洗っておくこと。

デリケートな女性器に触れるものなので、使用するハサミも除菌しておく必要がある。

そして、切ってその場で使うというシチュエーションはなかなかないと思うので、

出来上がったものは、綺麗な少し濡らしたタオルで包んでおくか、綺麗なお皿などでもよいだろう。

ラップと同じで、切る際もしくは切った後、シートが重なったりすると、グチャグチャっと引っ付いてしまうので、それも注意が必要だ。

 

さて、ここまで書きはしたが、カップルなどでここまでして粘膜接触を避けながらクンニをしようという人はいないかもしれない。笑

 

しかし、女性向け風俗の場合は使う時があるかもしれないし、セラピストもお客様も、知っていて損はない。

僕も実際に試してみて、使用感は悪くなかった。

作成にはなかなか手間がかかるが、正規品であれば、コンドーム同様パッケージから出すだけなので楽チンでムードも壊れない。

 

「粘膜接触を避けたい」とおっしゃるお客様は少なくない。

シートを使ってでもクンニを、というお客様も多くはないが、粘膜接触なしで女風を利用する機会が何度かあれば、たまにお試しでやってみるのも良いとは思う。

意外に「ありかも、、」という女性もいるのではないだろうか。

 

以上。少し珍しい「クンニ用シート」のお話しでした。

 

※使用ご希望の場合は、事前にお伝えください。

※感染症を100%防ぐというものではありません。

※ラテックスアレルギーの方はお控えください。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE