カラフル。

「サービスの統一」確かに大事だ。

お客様によって接客のクオリティが変わるようであれば、素人。

 

しかし、同じサービスを提供していてはいけないなと、つくづく感じる。

 

「今日は何時からお客様で、、」

「こういう会話で、こういうマッサージで、、」

ある程度のシミュレーションは大事だが、こうやってこうなんていう決まった流れはあるようで無い。

お客様は皆様違うからだ。

 

ご利用頂くきっかけも目的も本当に様々。

そもそも、年齢も、出身地も環境も、身長も体重も、

お仕事も趣味も性格も。

日々見ている景色、食べているもの、接している人。

未婚の方、既婚の方、お子様がおられる方。

快感を求められる方、性的な悩みがある方、お体にハンディを負われている方。

好きなプレイ、性癖、今までの性経験。

当たり前だが、誰一人として同じ人はいない。

そう考えると、同じサービスなんてあるわけがない。

 

ある程度の土台はありつつ、そのお客様に合わせて色付けをしていく。

お客様ごとに全く違う色になるし、時には土台を根本から変える勇気も必要。

 

世の中のお仕事の中には、何も変えない同じことの繰り返しが良しとされるものももちろん多いが、

セラピストには、対応力、柔軟性が求められる。

決まった事をするのではなく、柔軟に自分を変え対応していく。

 

「どのように変えるか」という基準はやはり、

「どのようにすれば、お客様に喜んでいただけるか」だ。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE