ここで働く理由

こんばんは。
藍沢優作です。

 

僕がなんでこの仕事を続けているのか。
この仕事を始めたきっかけを思い出しながら、改めて考えてみました。

 

結論から言うと、今この仕事を続けている理由は、

 

・女性のことをもっと知りたいから
・お金が稼げるから

の2つです。

 

 

この仕事を始めたきっかけは、一言で言えば「女性のことをもっと知りたい」からでした。

それは今も変わっていません。

 

この仕事をすることで、色んな女性にお会いできました。
普通に生きていても出会えなかった価値観にも出会あわせて貰いました。

 

女性のことを知るといっても、結局は人それぞれ、一般論は導き出せないよ、という指摘があるのもわかります。

 

それは当たり前です。
僕にもわからない男性の気持ちだって沢山ありますし。

 

だから、最初からそうですが、女性について何か結論を出したいのではなく、色んな姿を見たい、というただそれだけです。

 

セックスにおける姿だけでなく、全ての姿が僕にとってはエロスであり、見たい姿です。

今書いてて気づきましたが、姿という漢字、女という脚なのは必然なのでしょうか。

 

 

そして2点目のお金を稼ぐことについて。

正直に言って、始めた頃はお金を稼ぎたいという気持ちがほとんどありませんでした。

 

恥ずかしながら、プロ意識に欠けていたとしか言いようがありません。

 

でも今の僕には、お金というモチベーションの割合はそれなりに大きいです。

 

お金の為聞くと、条件反射的に悪だと決めつける人もいますが、違いますよね。
別にお金を騙し取ろうとしている訳ではないし、提供するサービスに対して真っ当な対価を頂く、というのは、今の世の中の当然の仕組みです。

 

売れているセラピストの皆さんを見ても、仕事が好き、もしくは嫌ではない、という前提があって、その上でお金が大きなモチベーションになっている人が殆どな気がします。

 

まだまだセラピストとして未熟な僕ですが、これが多少なりとも分かってきたという意味では少しは成長したのかもしれません。

 

 

女性のことを知りたい気持ちとお金。
この2つのが、今の僕にはちょうど半々くらいのバランスで並存してる気がします。

 

このバランスが崩れてきた時が僕のセラピストとしての潮時か、辞めたくなる時なのかもしれません。

写真: HONEYLIFE TOKYO ジンさん撮影