「キモ客」?

セラピストという業種柄、性風俗やメンズエステなどで働かれている女性のTwitterやコラムや動画を目にすることは多いのですが、実はとても勉強になります。

 

女性向け風俗という世界は男性向けとは毛色がだいぶ違い、またタシットという質の高いお店のお陰もあり、

今までお会いできた方は皆様素敵な方でした。

 

ただやはり男性向け業界の利用者は、

俗に「イタ客」「キモ客」と呼ばれる人も多いよう。

自分の性欲発散の為だけに女性を利用し、「お金を払っているんだから」という大義名分を振りかざす。

不快感や被害を受けている業界の女性は少なくないでしょうし、

僕も昔利用者側だった時にそうではなかったとは言い切れません。

 

しかし先日、その業界で働く女性のとある動画を目にしました。

「嫌だなと思ったお客さんはいましたか?」という質問に答えられていたと思うのですが、

その方は、

「120分もあれば、相手を理解できる。」

「死ぬほど理解しようと向き合ったら、嫌だなと感じることはない。」

とおっしゃってしました。

 

な、、なるほど〜、、、。 す、すごい、、。

プロです。これぞプロの女性です。

 

初対面でいきなり深い関係になる。

少し特殊な出会い方かもしれませんが、

確かにじゃあ例えば初対面の人がいたとして、2時間もカフェで話せばその人の人となりが見えてきて、

もし初め少し合わなさそうと思った相手でも、お互い歩み寄れば無理なく合わせていくことは難しくないかも。

深い関係になるのであれば、なおさらお互いさらけ出せるかも。

そう考えると、相手を理解し受け入れることってそんなにハードルは高くはないのかもしれません。

 

僕の場合、今まで嫌だなと思ったお客様はいませんが、

この女性の話しを聞くと、もっともっと相手への理解を深められるのかもしれない!という気持ちが芽生えてきました。

 

先日受けた性愛セミナーで講師の方が、

「愛とは、相手を自分の枠にはめるのではく、相手のありのまま全てを受け入れること」とおっしゃってたことも思い出しました。

 

貴女ともっと真剣に向き合い、貴女をもっと理解し、

さらなる素敵な関係を築けますように。

 

 長瀬城Twitter 

 

 タシット公式LINE