◇食にも焦らし◇

 

 

突然ですが、
「焦らし(焦らされ?)プレイ」は
お好きですか?

ゆっくりとじっとりと
優しく優しくねっとりと、、

体中を這うような指先。

しばらくした後
いよいよ大切な所の方へと向かい。。

「くる、そろそろくる、、」

期待感と早くタッチして欲しい
じれったさ、、

《いよいよ、くる、、!!》

かと思いきや
大切な所を避け円を描くかのように、、

【焦らし】

「やりすぎは逆に冷める、、」
「そもそも焦らしとかいらない、、」

そんな声を聞くこともちらほら。。笑

今日はそんな焦らしと食の関係について
変な考察をしてしまいました。

.
.
数える程しか経験がないのですが、
いわゆるお値段のする「いいお店」で
食事をしたことが何度かあります。

なんでも美味しく食べれるタイプなので、
味覚はかなり肥えていないのですが、だからこそ「ええお値段のお店」へ行くときは
期待値の上がり具合がハンパないです。笑

フレンチ、お寿司、etc..
懐石料理など日本食に多いのかもしれませんが
そういった食を食べた時、

《これは、焦らしやな》

そう感じることがあります。

メインまでの前菜の多さたるや。
たどり着くまでに長いこと長いこと。。笑

そんなことを感じ始めた頃、、

お店の方「お待たせしました」
朝比奈「おっ、ついにメインか?!」



目の前に出される
メインではなさそうな料理。笑

「またか〜!!」

※もちろん前菜も
メッチャクチャ美味しいんですけどね。

—————-
そろそろメインか?
→また違ったー!
—————-

何回も繰り返される
ある種の裏切り(?)。

それと同時に、
更に高まる期待感。

「前菜でこんだけ美味しいのに
一体いつくるのかも分からないメインディッシュはどんだけ美味しいんだ…。」

※前菜=サブみたいないい方になってますが、そういう訳ではないのでご了承ください。

「入店前から期待値あがりまくっているのに、
そんなことされたら余計に期待値上がるで、、」

そしてついに、、
お店の方「お待たせ致しました。
こちら本日のメイン、、、」

きたー!

そして、、パクッ。

、、、

、、、

数える程しかないええお店は全て、
この後に泣ける程に美味しいメインをだしてくださいました。

美味すぎる。
上がりに上がった期待値を
さらに上回る美味しさ、、。

.
.
.
そんな訳で前置きが長くなりましたが、
「性と高級料理の”焦らし”」は
本当にリンクしているなあと思った
という話しです。笑

————————————-
○焦らす、焦らす、焦らす..

・期待感、期待値があがる
・ハードルがあがる
・期待値を上回った時の感動

○焦らし、焦らし、焦らす、焦らす…焦らし過ぎ

・期待値をメインが超えられるのか?
・メインまでに気持ちが冷めてしまわないか?
————————————-

・期待値を上回らなければならない
・焦らしすぎても良くない
・期待値の上昇とメインのバランス
・人それぞれ焦らされの尺度は違う

そんな”焦らしのバランス”を
我々もしっかり見極め、期待値を上回っていかなければない。

そんな事を、
高級なお料理を食べつつ
思いふけってしまった、
というお話しでした笑

、、、
いろいろ頑張ります!!(╹◡╹)

画像引用:Pixabay