◇ミスマッチ◇

 

 

————————
私はこういう人間です。
こういう考えを持って生きています。
————————

のような記事を書きがちです。

今回もそれです。

どれだけの方がそれらの記事を
読んでくださるのか?は、さておき
お一人でも読んでくださるのであれば
有難き幸せでございます。

この、「私は」系記事は
ただの自己満で書いている訳でもないんです。

一番の目的としては、

【ミスマッチを減らす事】

かなり偉そうな言い方となり恐縮ですが、
ある種のユーザー様ファースト信念を持って
書いている所もあります。

せっかく大切なお金と時間を使い
我々と会うことを検討してくださるのだから
会った際の「お客様の感じる感性のずれ」を極力減らしたい。

記事を見たことで、
「なんか人間性好きじゃないな、
会うのやめとこ。」

と感じ、別の素敵な方と巡り合って頂く。

そこには大切な価値があると考えています。

※逆に会ってくださるなら
本当に嬉しいです!!

世界の人口が約76億人。
それだけ多くの人が地球上に存在するのだから
フィーリングの合う合わない問題は必然であろう。

何が言いたいかと言うと、

・万人受けしたい
・より多くの支持、共感を得たい
・「人気者のトップセラピッピになるんだ〜!」

という考え、
及びそれに準ずる合理的な
資本主義思想があまり好きではなく。(めっちゃ硬い表現笑)

【実際に会いにきてくださった
お客様が感じる性格上の不一致・ずれを減らす】

事に自分なりの価値を意味出し、
その取り組みとして書いています。

そもそも、
万人受けする容姿でもなければ
万人受けするキャラでもない。
エロテクニシャンもない。(そこは頑張れ)

こういう活動で
事前に生じる可能性のある不一致を
なるべく減らすことは、
他で生じる一致を増やす可能性を秘めていると
勝手に踏んでいます。

不幸せが一つ増えるより
幸せが一つ増える方が絶対に良い。

そして
万人受けしそうもない身の上話しを読んで
くださり、
それでも会いにきてくださるのであれば
本当に嬉しい。

そういう意味では
自分の為でもあるのかもしれません。

この過程があることで
会いにきてくださるお客様に素敵な時間を
過ごして頂きたいと、
心から感じることができます。