ご予約 予約方法

Diary
写メ日記

‡恥露勇然‡

2021/07/26 諸葛求

自分の主張を押し殺して、
周囲や場の空気に輪郭を合わせてしまう。

会社組織でも友人関係でも、
こうした選択を取ってしまう人は、
世の中とても多いようです。

私自身、プロジェクト管理の
真似事のような職についていた頃、
各方面との調整ほど心を砕くタスクは
なかった様に思われます。

根が真面目なので、
「〜〜ねばならない」
「〜〜するようにしなきゃ」
という目標達成への執着も強く、
全体の進行と個々人の要望の調整を取るのには、
実に神経をすり減らしたものです。

遂には疲労困憊の末、
しばらくダウンしたこともある始末ですが、
今にして思えば杞憂過ぎる気負いや、
失敗への恥、迷惑を掛けることへの恐れが、
余計な緊張を自分に
重ね掛けていたようにも思われます。

競争社会が加速する現代において、
弱さや甘さを覗かせる態度や発言というのは、
激しい糾弾の対象とされるのが
常になっているようです。

そうした過緊張の渦から離れて、
あえて自らの痴態を晒すことが
出来る相手というのは、
世界広しといえど、
我々セラピストくらいではないでしょうか。

このサービスのご利用目的として、
最も“見かけの”割合を占めるのは、
「ストレスの発散」というところでしょうが、
私の考える何よりの一番の効用は、
「恥を晒す勇気が持てること」だと
勝手に思っています。

もちろんデリケートな領域ですので、
個々人の恥の詳細は絶対、
絶対の秘密厳守ですが、
われわれタガを外すことに
長けているセラピスト連中は、
並大抵の醜態を目にするだけでは
驚きはしないでしょう。

一度、自分の恥の中身を、
誰かに解放してみてください。
そうすれば今まで気にしていた他者の眼差しも、
「なんだ、こんなものか」と思えてきて、
自分を主張することに怖じけずに済むように
なるのではないか、などと、
それっぽい理屈を並べて置きます。

所詮、人間。

法に触れない程度にだったら、
こっそり恥を放り散らかしても、
お天道だっていちいち照らしやしませんから。

※アイキャッチ絵画作品:
  サルバトール・ダリ
  『目覚めの一瞬前に柘榴の周りを
   蜜蜂が飛びまわったことによって
   引き起こされた夢』

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

諸葛 求 – 日記一覧

https://tacit.tokyo/diarytherapist/spot/12/page/1/

 

End Of File.

‡薫香淫靡‡

諸葛求

匂い、あるいは香りに惹かれる女性というのは、
世の中に存外多いようです。

正真正銘の男性であるところの私も、
ご婦人のふんわかした髪の香りなどには、
思わず鼻の下が伸びてしまうクチです。

シャンプーや柔軟剤の自然な香りもいいし、
脳をとろけさす香水の甘い匂いもいい。

異性を惹き付けるフェロモン=匂い
という訳ではないらしいですが、
五感の中で、嗅覚ほどあからさまに
性を煽る感官もないのでは、と思います。

たまにですが、
私は手首にタイの土産物屋で買った
アロマクリームをわずかにこすったりします。

要望でしたら、
施術の際に言ってみてくださいね。

やわらかな香りと指遣いで、
貴女を包み込んで差しあげますから。

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

‡好色役配‡

2021/07/25 諸葛求

関係性の魔力ほど、
情欲を煽るものはありませんよね。

上司と部下、教師と教え子、

友人の恋人、義理の姉弟、
主人と奉公人、客と奉仕者、
同い年の学友、行きずりの他人。

衣服を脱ぎ去れば見てくれは同じなのに、

立場というものだけはどうにも
その人に染み付いて拭えず、
しかも見る者によりけりで
意味合いも変えるものだから、
なんとも奇妙で抗い難いものです。

それというのも、

ヒトという動物の外界に対する認識が、
いかに社会的意味合いというフィルターに
屈折させられているか、それを証拠付ける
まさにうってつけの一例に思える気がします。

本来、生物雌雄同士の媾合においては、

こんな観念的なスクリーンなんてものは、
全くの不要なものであるはずです。

なのに相手と自分の間に張られる

“関係性”というこの強靭な糸が、
時としてわれわれの身体を
まるで人形であるかのように
左右自在に振り回す力を持つことは、
経験上、誰しもが納得してしまうことでは
ないでしょうか。

過去の偉大な戯曲家いわく、

「人はみな役者であり、
    この世はこれすなわち舞台である」
との言葉を嘯いています。

何しろ先の長い人生の巻物です。

そのうちのたかだか2、3時間くらいの切れ端、

別の役柄に成り装ってみるのも、
それもまた一興ではないでしょうか。

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

‡褒誉自足‡

諸葛求

『インポスター症候群』をご存知でしょうか?

褒められると罪悪感を覚えたり、
賞賛を素直に受け取れずに、
逆に自分はそれほどの価値などないのだ、
と感じてしまう心的病理だそうです。

私も症状と呼ぶほどには強くはないのですが、
褒められたり仕事の成果を高く評価されても、
いつもどこか白けのようなものを
感じてしまうところが、実はあります。

こうした心の働きには、
いわゆる長女気質が背景に
あるのかもしれません。
女性の長子は、しばしば
「しっかりしている」ことを
親(特に母親)に強いられがちです。

そうした一種の抑圧に晒され続け育つことで、
完璧に出来ている=当たり前になってしまい、
何事も減点方式で考えてしまうのでは、
と考察します。

特に恥の文化が強い日本では、
他者を褒めるという場面が
そもそも起こりにくく、
必然的に褒められ慣れずに育った子どもが
そうした局面にいざ直面した時に、
どう反応すればいいのか分からなくなる、
ということは、往々にしてあると思います。

これは私が過去において、
自分に対して施した処方でもあるのですが、
このような傾向が自分の中にあると感じたら、
「私ってば、なかなかやるじゃん」の精神を
大事にして欲しいと思っています。

「そなたこそ聞きしに勝る三国一の猛将よ!」、
だと、この広い世の中、そんな大それた
称揚を信じるのはとても困難なことです。

けれど、「なかなかやるじゃん」、
程度なら、
気軽に振り回せるくらいの
重みしかないように思います。

自己嫌悪や自己卑下は、
長い生涯の距離には誰にでも起こること。

そうした時に、
「まぁでも、私ってなかなかやってるじゃん」と
唱えることで、程よく脱力ができて、
次の活動に勢いを乗せられるようになると
勝手ながらに思います。

実際、貴女はなかなかやっているのです。

自分への呼び掛けだけで足りない時は、
私も声を合わせて、
「やるじゃん」、と言いに行きますよ。

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

‡響夏躍心‡

諸葛求

四季には折々の音がありますが、
音楽の好みも気候によって変わるのは、
私が重度のお天気屋だからでしょうか?

ここ一、二週間は盛夏の日差しが続き、
毎年、異常気象の異常度が
更新され続けている気もしますが、
蝉しぐれの言葉もある通り、
7~8月に掛けては奴らの鳴く音が
象徴的であるように思われます。

日が長くなり街の気温が上がってくると、
それに釣られて身体の熱意もふつふつと
沸き出すようで、動脈の躍るような
サウンドを耳が欲してくるようになります。

見た目はどちらかと言えば大人しげな私ですが、
こう見えても音楽の趣味は、
HRやプログレッシヴ、HMなどを
主食にしています。

してなんと言っても好物はトランス!
それも全く陽の目を見ないであろう、
ゴア&サイケデリックが大のお気に入りです。

人生で一度はやってみたいこと、
貴女もきっと持っているかと思いますが、
熱線さんざめく青空の下、
ビールでも飲みながらグネグネバキバキの
MIXで体を揺さぶる怪しい集会は、
私の人生で一度は体感したいイベントです。

そんな訳で、最近は気圧を跳ねのけるべく、
ひとりゴアサイケWeekが続いています。

密着した裸体から伝わる
心臓のビートも最高にエモですが、
しょっちゅう裸体を抱いてるわけにも
いきませんので、
M
ASTER PIECE、貪っています。

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

‡両虐同一‡

2021/07/24 諸葛求

昼間は品行方正に従事するからこそ、
夜の時間は徳に反する行いをしたくなるものです。

伴侶のいるご婦人との逢瀬に始まり、
化粧で整った面(おもて)を劣情で汚すこと、
手枷と目隠しと猿轡を用いて、
自由を拘束するその優越。

自他共に認めるサディストな
ので、
嗜虐と被虐では前者が圧倒的に
快楽と結び付く人間ですが、
セラピストを名乗る以上は、
仕事に際しては献身の念を欠いてはなりません。

しかし世の中には矛盾というものが
幾らか存在し、SM論というのも
その中の一つに数え得るものだと思われます。

サドを凝らしていくと、
「相手の羞恥心を煽るには
    どんな文言が効果的か?」
「じらすのか、激しくするのか、
    その緩急をどう付けていくのか?」
そんな組み立てに頭を巡らせていくものですが、
相手への働きかけに知恵を絞る
そのエネルギーの使い方は、
かえって最早それこそが、
献身そのものと言えてしまいます。

これは何も動作における
攻め・受けに限る話ではなく、
女性であれば男を昂ぶらせるために、
能動的な感受の表出・言語化に努めてみたり、
技術の称揚、形への驚嘆など、
受けながらにして与えるという
涙ぐましい構図が往々にして起こるのは、
誰もが経験のあるところではないでしょうか。

サドを極めようとすればするほど、
精神的には相手方の悦びに寄り添うための、
一種のマゾに陥るこの構造は、
実はこれら性的両極が
相互内包の関係にあるという事実を、
暗に示唆しているのかもしれません。

どちらにしても、
ここに在るのは快楽への絶対的な帰依であり、
すべての性的逸脱には、プライドめいた、
一本の規範があるように思われます。
背徳の作法とは混濁としているようで、
その実、相手への没入・全集中という
一点において、
紛れもなく生粋なものだということです。

そりゃあ誰だって、
気持ちいいのが嫌いだなんて、
そんな訳はないはずですから。ね。

 

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

‡無縫有縫‡

諸葛求

自分を飾り装うものこそ、
『自分らしさ』を写す鏡なのでしょうか。

宣材写真をスタジオで撮るのに、
コーディネートには随分悩みました。

自分がまとっているイメージはなにか、
自分を求める人が欲しているイメージはなにか、
その辺りのすり合わせを意識し始めると、
なかなかドツボに嵌り始める気がします。

多様性の社会が謳われて久しく、
『自分らしさ』を声高に叫ぶのは
簡単にはなりましたが、
それでもオフィシャルな場においては、
『無難』や『一般的』の防音膜は
まだ厚く、透明です。

それは一体誰に向けられたものなのか?が
はっきりと定まらないでいる時、
一般受けという曖昧である意味安易な道が、
鎌首をもたげるのだとなんとなく思います。

その中でギリギリの反射率を狙い、
音量や指向を調整するのが
大人のやり方なのかもしれませんが、
果たしてそれは、
性を扱うこのサービスにとって、
本当に楽しいことでしょうか。

性を預けたり預けられたりするくらいの人間は、
みなどこか変わり者であるはずです。

普段は公で抑圧を受けているであろう、
ある種『いびつな』形をした自分らしさは、
性的な嗜好に宿る傾向が高いように
感ぜられます。

私は、そんな『貴女らしさ』を
目の前にしたくて、
この仕事を始めた節があるようです。

おかしな考えだとお笑いになるでしょうか?
今はそれでも結構です。

一対一で逢う時、飾りや装いを脱ぎ去れば、
お互いの『らしさ』がよりはっきりと
浮かび上がって、
うまい形に噛み合うかもしれません。

それでも私と逢うときは、
ぜひ貴女の思う貴女らしい装いを見せてくださいね。

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

‡天名拝領‡

2021/07/23 諸葛求

名付けにはこだわりを持つ方で、
それはコピーライトが好きだからとか、
読書が趣味だからとか、
国語や言語学が得意だったからとか、
いろいろ要因はあるのかと考えられますが、
とにかく凝った文字列や耳障りのいい
音運びというものに対して、
私はどうにも強い執着があるようです。

くゲームで主人公や仲間のキャラクターに、
任意の名前を付けるというものがありますが、
そういう時、その登場人物の背景や文化圏、
役割なんかを加味しながら時間を掛けて
案を練るのは、わりかし楽しい
作業だったりします。

は体を表すといいますが、
名前がもたらす言霊とでもいいますか、
そういった形而上的な影響力というものは、
あながち無視できないものだと
個人的には考えています。

諸葛求の由来といえば、
ロンモチで三国志の名高い蜀の軍師、
諸葛亮孔明から拝借した名前ですが、
ここには私の思慮深く在りたい、
また浮世離れした存在でありたい、という願いが
無意識に込められているものと思っています。

なんでそんな他人事みたいな言い方してんの?
と思われた方、鋭いですね。

この源氏名を決めるにあたっては、
いわゆる『自動記述法』を用いています。

いくつかの氏名っぽい漢字の並びを
思い付いた先から脊髄反射的に書き出し、
それらを組み合わせたのが、この源氏名です。
(まー、最終的には意識で
選び取っているから、
    厳密には自動記述とは云えないかもですが……)

苗字の方はやはり中華の姓なので、
なかなか耳馴染みもなく、
発声もしづらいと思います。

なので、お逢いしたときには名前の方で
呼んで頂いたほうがベターかな、
とも思っていますが、
そこはそれ、貴女様のご随意のままに
どうぞお呼び付けください。

この仕事に従事するに当たり、
自らをどう名乗るかはもちろん重要です。

が、それ以上に私は、
肉体を触れさせて頂く相手方のお名前こそを、
如何に愛おしく扱うかに
重きを置きたいと思っています。

偽名であっても本名であっても、
私が貴女を貴女だと認識する符号は、
いつも美しい心持ちでもって呼んであげたい。

私のか細くしがない声が、
貴女の名を枕横からそっと囁く時、
その言霊はどれくらい貴女の内奥にまで
浸透していくでしょうか?

実に興味深いテーマかと思われます。

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

End Of File.

‡検査結果‡

諸葛求

諸葛です。

 

取り急ぎ、直近の性病検査の結果をアップします。

 

ちなみにランセットの針は平気なタイプです。

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

EOF

‡奇想見参‡

諸葛求

はじめまして。

この日記が貴女の目に留まったこと、

とても嬉しく思います。

 

TaCIT・新人セラピストの

諸葛 求(ショカツ ノゾム)

と申します。

 

冬よりは春が好き、春よりは秋が好き

緑よりは赤が好き、赤よりは紺が好き

山よりは海が好き、海よりは湖が好き

犬よりは猫が好き、猫よりは梟が好き

 

曙よりは宵闇が好き、宵闇よりは黄昏が好き

太陽よりは月が好き、月よりは金星が好き

歌よりは酒が好き、酒よりは詩が好き

男よりは女が好き、女よりは乙女が好き

 

徳よりは欲が好き、欲よりは粋が好き

肉よりは肌が好き、肌よりは声が好き

 

こんな偏屈な私ですが、

一晩、寝床を供にしたなら、

きっと良い叙情が見られるかと思います。

 

明晩、ご一緒にいかがですか?

 

≠================================≠

諸葛 求 – Twitter

https://twitter.com/TaCIT_nozomu

 

End Of File.

1 2

FAQよくあるご質問

TaCIT  Read More

Voiceお客様の声

TaCIT  Read More

Reservationご予約について

Recruitセラピスト募集

TaCIT  Read More

Mediaメディア掲載

TaCIT  Read More
ご予約 予約方法