TaCIT店長の石井と申します。

他店のセラピストの方の質問箱に、そのセラピストの方の仕事に対する思いに対して、端的にいうと、「そんなに高尚なことをいうならボランティアでやればよい」と意見が寄せられていました。

良いも悪いもいえる立場にはありませんので、普段、他の店舗様やお客様の話題には触れないのですが、質問箱に寄せられた意見に関していえば、私個人が考えていることとは「違います」

女性向け風俗は、究極のサービス業だと考えています。
「業」なので、サービスの対価をいただく、料金をいただくことが前提です。

「高級」で、質の高いサービスを提供していただけるお店や場所はもちろん女性向け風俗以外にもだくさんあります。

ただ、女性向け風俗というサービスは、まずお客様とお会いさせていただくシチュエーションがとても特殊です。

初めてお会いさせていただく際はなおさらですが、会って数分で身にまとっているものも脱いで、本当に心も身体も近い距離で接することになります。

お客様に不要な緊張や不快感を与えず、十分に心を開いて満足いただくには、セラピストには、清潔感などの身だしなみ、土台となる顔、体型などの「ルックス・見た目」と、コミュニケーション力や性感のスキルという「内面・ソフト面」双方が問われます。

そして、風俗の場合には、性病ではない(可能性をできる限り高めておく)などの「安心」も重要なポイントになります。

それら全てが相まって、一つの「サービス」になります。

だからこそ、継続して高い質のサービスを提供するには、高い報酬をいただいてセラピスト自身も自己研鑽に励み、お店もセラピストが「高い質のサービス」を提供できるように教育したり、「安心」を提供できるように性病検査実施などをサポートしていく必要があり、私個人としては、質の高いサービスを提供するためには、正当な料金をいただくことは「必然」だと考えています。

だからこそセラピストには「稼いでほしい」と考えています。緊張感も芽生え、成長にもつながっていくと思います。

稼げば、ヒゲ脱毛に行けたり、自分を魅力的に見せる自分に合った服を買えたり、ジムに通って身体を鍛え、コンディションを整えられたり、勉強に充てられたり…セラピストや男性として魅力を高められるチャンスがどんどん広がります。

ただし、正当な料金はいただくべきと考えている一方、高い料金を頂戴するのに、見合ったサービスを提供できないことは避けなければならないし、料金以上の満足を提供できることの重要性や、お客様からの見る目が厳しくなることも十分に理解しているつもりです。

だからこそ、お客様の時間を割いていただいたことに感謝の気持ちをもつことを綺麗ごとではなく、心で理解できる人を採用したいと考えていますし、お店も「安心」に利用いただけるように誠実に取り組まなければならないと考えています。

おかけさまでタシットのセラピストたちはリピート率がとても高いセラピストが多いです。
頭ではなく、心でこのサービスの意味を理解し、料金をいただく価値、ありがたみを感じているからだと思います。

矛盾するようですが、この仕事を通じて稼ぐことに貪欲な人ほど、料金を頂戴することの価値を理解し、心をもって仕事ができているように思います。

ここ数日、セラピストという仕事に対するスタンスが色々と話題にのぼっていましたが、数年前と違って、お店もキャストも増える昨今では、そういうことが理解できず、一緒に過ごさせていただく時間を大切にできないキャストは自然とお客様から淘汰されていく、すでにされているのかもしれません。

先日お会いさせていただいたエクスタシー東京の哀田様も、ホスト、AV男優、セラピストと水商売やアダルト業界での経験が長く、それぞれのシーンで楽しいことややりがいもありつつ、他人には想像もつかないような本当に大変な思いもなさってきたと思いますし、清濁飲んで仕事をされてきたのだと思います。でも、お客様やサービスへの思いはとても澄んでいて、まっすぐなものでした。

予約いただく一歩目はとても緊張されるかもしれませんが、この業界でしっかりと仕事に向き合い、プロとして仕事をすることの意味を理解しているキャスト、セラピストは思っている以上に多いと思います。

もちろん弊店TaCITのキャストもそうであると胸を張って言えます。

是非、本当に必要と思われるタイミングが来た際には、不安がらずに一歩目を踏み出してみてください。予約の前のちょっとした相談も大歓迎です。

性病検査実施状況についてはホームページのこちらをご覧ください。

TaCIT